本文へスキップ

大友康平さんの突発性難聴のニュースを見て思うこと

提供:アステル心身調律院

震災後から数ヶ月後、片側の聴力が低下blog

はてなブックマークに追加 Clip to Evernote 

症状に負けない唯一の方法、
それは「向き合う」ということ


 11月7日のニュースで、ロック歌手の大友康平さんが突発性難聴を患っていたことを告白したという記事を見ました。なんでも、東日本大震災から数ヶ月後に片側の聴力に異変が起きたそうです。
※参照元
http://topics.jp.msn.com/digital/general/article.aspx?articleid=1503629

 震災が原因というわけではない感じですが、芸能界で活躍されている方は、常にプレッシャーに晒される仕事ですから、何かとストレスが溜まりやすいのは想像に難くないですね。

 記事にも書かれていますが、大友さんは自らが患った突発性難聴を「震災で被害を受けた方々に比べたら、俺の問題なんて、ちっぽけなものだ」と言い切られています。そして、「現実をしっかり受け止め、“それ”と正面から付き合うことにした」と、症状を克服する唯一の方法である「症状と向き合う」ということを、自らの意志で導き出されていることに、大変感銘致しました。

 結局、どのような問題であれ、そのものからフタをし、目をそらしてばかりでは前に進むことは出来ません。勇気を出して、そこをあえて手を広げ、グッと自分の中に引き寄せることが求められます。

 物事というのは常に表裏一体の性質を持っています。苦と楽、病気と健康、常に互いは2つで1つの存在です。病気になるということは、健康であるという本質を含んでいます。苦しみは、楽があるからこそ味わえるということです。

 ですので、病を患えば、そのものを追い払おうとするのではなく、受け止め、自分の中に取り込むことによって、病のさらに内側から健康が立ち現れてくるのです。

 病を病として追い払うだけでは、常に「恐れ」を中心とした価値観に支配されてしまいます。しかし、病をも受け止め、そこから「健康とは何たるか」という本質を理解したとき、病の経験は「強さ」となって生まれ変わり、自らの健康に自信をもって突き進めるようになります。

 大友康平さんは、一時は突発性難聴の症状に苦しめられ、前に進むことにブレーキがかかったのかもしれませんが、この経験を逆にバネに変えて、自分の出来うる限りの能力を最大限に使っていくことに切り替えられ、それが感謝となって、次のステージへと進んで行かれました。

 人は生きている限り、傷つかないことはないのかもしれません。
傷つきながら成長し、その傷口が勲章となって、今度は自らの支えに変化していく。

 できるならば、無病息災で何事も起こらないように生きて行けたら、それが幸せのように思えるかもしれません。しかし真実は、病が体をつくり、苦しみが人間性を広げ、痛みが心を育てるのだと思います。

 既に多くの先人達が、病気と健康の真理を説かれ、私たちが路頭に迷わないよう、いかに自分の体とつきあって行くかを、様々な場面やメッセージで残してくれています。

 大友康平さんも、行く先を照らす先人として、私たちに多くの気づきのメッセージを歌を通して残して下さることと思います。

 苦しみを克服するヒントは、至る所に掲げられていますので、見落とさないよう、常に意識的に日々を過ごしていきたいものですね。

はてなブックマークに追加 Clip to Evernote 

※リンク 大友康平 参照ブログ


耳鳴り改善web講座(ネットで学べる読む薬)



悪循環を断ち切るには?

「なかなか効果的な治療に巡り会えない!」
「私の耳鳴りは良くなるのかなぁ・・・(不安)」
「薬漬けはイヤ!今より少しでも小さくなって欲しい!」



耳鳴りの対処法レポートただ今、以下の「耳鳴りやすらぐメール講座」にご登録の方限定で、メディアでも大変ご好評頂いた耳鳴りエクササイズ法をはじめ、様々な対処法をレポートにしてプレゼント配布いたしております。

「5分でできる耳鳴りエクササイズや自律神経と体の歪みを整える超呼吸法」など、すぐに使える情報は今だけの限定です!

お金をかけずに自分でできる耳鳴り対策として、その秘訣が満載ですので、お気軽にご活用ください。

メディア掲載

お伝えする情報は現場で培った「生の治療理論」を取り扱っておりますので、医療の専門家やメディアからも注目され評価を頂いております。

当サイトにある沢山の喜びのお便りと同じように、あなた様もきっと、治癒への可能性を掴んでいただけるはずです。

以下のフォームにお名前とメールアドレスをご入力して頂くだけで、5分ほどでお届けいたしております。

【読者様のご感想】
「山下先生のアドバイスがなかったら本当に難病になるところでした。希望だけでも持ち続けられる気力が出てきました。」和田様

「読むことでなんだか安心するのですかね、耳の状態がすごくいいのです。不思議です。読むお薬と題してありましたがそのとおりだとおもいます。」桑原様

「説明にあったようにアルファ波が出ているのか、久しぶりに朝までグッスリ眠る事が出来ました」森様
耳鳴りやすらぐメール講座

お名前(仮名可)


メールアドレス


サイト運営:耳鳴り専門院(アステル心身調律院)
所在:大阪市淀川区十三東1−18−28−2F

【プライバシーポリシー】
当サイトではご利用者様のプライバシーを第一に考え運営しております。登録時に取得される個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しています。当該個人情報は法律的に必要が生じた場合を除き第三者に開示・提供する事はありません。

管理者画像

耳鳴りやすらぐ読む薬-改善Web講座を運営しております山下です。

耳鳴りの原因と治療を考えるサイト概要


このサイトは12年にわたり、耳鳴りの原因とその解決方法を追求してきた管理人オリジナルの情報サイトです。

1万名以上の耳鳴りに悩むクライアントを通じて、解明されてきたポイントをありのままお伝えしています。


耳鳴りの原因
視床と耳鳴り
耳鳴りの治療、治療法
耳鳴り症状 音と種類
メニエール病
暗示型の難聴
補聴器難聴
頭鳴り・脳鳴り
耳詰まり・耳がこもる
聴覚過敏
交通事故・むち打ち
頭内爆発音症候群
突発性難聴
耳鼻科・耳鼻咽喉科
うつ病・鬱
耳鳴りの薬、付き合い方
ステロイド 耳鳴り治療
睡眠薬・睡眠導入剤
肩こり・肩凝り
不眠・不眠症
男性更年期障害
顎関節症
アゴのゆがみ
風邪とインフルエンザ予防
睡眠時無呼吸は耳鼻科
気になるニュース。コラム
耳鳴り専門
体験談・感想
パサパサ髪 糖化 小顔矯正
整体・うつ病 堺市 整体
ヘッドスパ 小顔矯正 縮毛矯正
フェイシャルエステ
TweetsWind