突発性難聴の検査における、耳の画像診断

耳鳴り専門

突発性難聴とは耳の病気を経験したことのない人が、明らかな原因もなく、ある日突然に片側の耳が聞こえなくなる病気をいいます。

突発性難聴の原因は不明ですが、突発性難聴は内耳などに障害が生じる感音性難聴の一種です。

突発性難聴は一般には50〜60歳代に多く、男女差はありません。

突発性難聴発症の医学的機序、原因が不明なので、耳鼻科での治療にも統一されたものはなく、個別の選択になっているようです。

主な治療法ステロイド、その他の薬剤、高圧酸素療法、星状神経節ブロックといわれます。

突発性難聴の検査は、

@耳の画像診断
A純音聴力検査
B平衡機能検査

を行います。

突発性難聴では、聴力の改善・悪化を繰り返すことはありません。
その場合には、メニエール病という病気が疑われます。

聴神経腫瘍では、突発性難聴として初発する場合があります。

聴神経腫瘍が疑われる場合には、MRIによる画像診断が必要になります。耳の画像診断では、中耳や内耳の微細で複雑な構造を、確実に描出できる分解能の高い画像検査が不可欠です。

最近のMDCT(多検出器列型CT)の導入や、MRI(磁気共鳴画像)検査装置の進歩、新しい撮像法の応用などにより、画質の良好な高分解能画像が、短時間で得られるようになり、耳・側頭骨領域の画像検査の臨床応用は、大きく変化しています。



必読!
慢性的な耳鳴りでお悩みの方は、根本的に解決する方法をご活用下さい
>> 詳しくはこちらのページをご覧下さい
大阪で唯一の耳鳴り・耳詰まり専門院

他にも、今すぐ取り組める対処法は以下がオススメです。



耳鳴りがスッキリ解消

症例1症例2

5分でできる耳鳴り対策

すぐに読むことが出来ます

※配信解除フォームはこちらにあります
耳鳴りやすらぐメール講座

お名前(仮名可)


メールアドレス


サイト運営:耳鳴り専門院(アステル心身調律院)
所在:大阪市淀川区十三東1−18−28−2F


【プライバシーポリシー】
当サイトではご利用者様のプライバシーを第一に考え運営しております。登録時に取得される個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しています。当該個人情報は法律的に必要が生じた場合を除き第三者に開示・提供する事はありません。