本文へスキップ

耳が詰まる・耳がこもる原因と治し方

提供:アステル心身調律院

耳がこもった感じ、耳が塞がった感覚症状症状の考察

耳鳴り症状・音の種類 >頭内爆発音症候群 >頭鳴り・脳鳴り >耳詰まり・こもる >聴覚過敏

はてなブックマークに追加 Clip to Evernote 

前兆症状として、耳詰まりが起こることも

耳鳴り専門

耳鳴りのご相談で当院に来られる方の多くは、
「初めは耳が塞がった感じだった」という方が多いのです。

表現としては「薄皮一枚、耳から頭にかけて被さった感じ」とか「自分の声が耳の中で響く」とか「プールで耳に水が入った感じ」とか「耳がギューと圧迫されていて、時には痛みを感じるほど」・・・等々です。

耳鳴りや耳がこもった感じをスッキリ解消する方法


こうした状態が酷く続いたあとに、耳鳴りやメマイが始まったというパターンが多いのです。

しかし、必ずしも耳鳴りやメマイの前兆症状として、耳がこもったり耳がつまるとは限りません。耳鳴りやメマイは起こらないまでも、延々と耳が詰まり続ける場合もあります。

私自身、耳詰まりは2年間ほど続いていた時期もあります。

しかしこの症状は無害なものですので、しっかりと原因が取り除かれることで、自然とスッキリ楽になります。


耳が詰まる原因とは?


突然耳がこもる感じが起きれば誰でも心配になりますよね。

そこで病院に行くと、耳管狭窄症や滲出性中耳炎、突発性難聴、メニエール病などといった診断を受ける場合があります。

しかしそういった診断は受けても、決め手となる薬は無く、たいていの場合、メチコバールなどのビタミン剤かメニエール病と診断された場合はイソバイドのお薬を処方されて様子をみるというパターンが多いです。

滲出性中耳炎と診断された場合は、鼓膜にチューブを挿入し、中耳に溜まっていると想定して浸出液を吐き出させる治療がおこなわれます。しかし、実際にはチューブからは何の液も出て来ない場合も多いようです。

私自身は2年間この症状を抱えていたとき、各耳鼻科で滲出性中耳炎や耳管狭窄症、耳管解放症を告げられ、鼓膜にチューブをさす治療を勧められたこともあります。実施はしていません。


この症状を患い、克服した身からあえて言わせて頂くと、慢性的に長びく耳詰まりの原因は「組織の緊張」にあります。

浸出液が溜まっているからでも、耳管が詰まっているからでもなく、組織という「細胞」1つ1つが緊張状態にあると思われます。神経細胞も含めてです。

細胞1つ1つが緊張状態にあることで、組織の伝達はスムーズではなくなり、皮一枚ベールを被せられたようになります。

この状態が感覚となって、耳がこもる感じがしたり、耳が塞がれたように感じたり、時には圧迫感や強い痛みとなって表れるのだと思われます。


治療、治し方は体の自然治癒を信頼することから


耳詰まりの治療で失敗することは、この状態を病気目線でなんとか解消しようと頑張ることにあります。

病気目線で捉えてしまうと、とにかく今すぐスッキリさせることに注目してしまいます。なので、耳鼻科的な治療法としては鼻と耳管に空気を通す通気治療を試みる場合も多々あります。

しかし、この治療を実施しても耳が通ることは少なく、逆に機械的に空を通すため、内部組織に対して過度のプレッシャーがかかることになります。

そしてそのプレッシャーによって更なる緊張を引き起こし、より慢性化してしまう場合も多いのです。このパターンが続くと依存的に症状を繰り返してしまい、状態はますますきつくなることも多いのです。

マッサージ依存みたいなものです。揉むと一時的に気持ちいいので、もっと揉んでもらいたくなる。それを繰り返していると、筋肉は益々固くなり、より強い力でほぐさなければ気持ち良いという感覚すら味わえない凝り固まった鈍感な状態となります。


通気治療も同様に、治療をおこなった際のわずかな爽快感と引き替えに、耳鼻の周辺組織は益々緊張状態に晒されることになります。大切なことは、耳が詰まり、この塞がった状態は「結果」だということを知ることです。

この症状は言わば被害者のようなものであって、諸悪の根源でもなんでもないのです。

もともとの原因は心配事が重なったり、精神的な不安やイライラが身体的な緊張を呼んでいることもあります。

肉体的な疲労の蓄積でも起こりますし、睡眠不足や妊娠などのホルモンの急激な変化でも起こります。

特に注意しなければならないのは、風邪引きや妊娠などで耳詰まりが発生した場合、主症状がまずは治癒するまで見守ることも大切です。妊娠などの場合、体質はガラッとかわりますので、そうした変化と共に表れている場合もあります。変化に対して体も色々と大切を整えようとします。

そのときに耳詰まりを起こしたり、目眩や吐き気など、体が適応するために発生させる症状であるばあいもあるのです。

風邪引きも同様に、風邪を治すためにそうした働きの表れとして出てきていたりします。

しかし、そういった「つながり」を無視して、部分的な捉え方だけで偏った治療をしてしまうと、全体のバランスは余計に乱れてつぎはぎの状態になってしまうことがあります。

こうなると余計に回復に時間がかかってしまうことになります。

「症状」=「鬱陶しい」=「消したい」=「治療」と、なんでも反射的に不都合を取り除こう、解消しようと行動してしまうと、問題が問題を呼び、苦痛の根は広がるばかりとなります。

「症状」=「治癒の表れ」=「時間」=「待つ・見守る」というスタンスを持つようにすると、体の変化に対して良い方向に受け止めていくことが出来るようになります。

自宅で耳の閉塞感や耳鳴りをスッキリ解消する方法
大阪で唯一の耳鳴り・耳詰まり専門院




不思議に思われるかもしれませんが、
慢性的な耳詰まりに対しては、そんなに頑張って薬を飲まなくても、
緊張を起こしている心身の「あるポイント」に対して、
ガス抜きをするようにゆるめていくと、和らぎやすいのです。

実践した方は、
「こんなことで楽になるなんて」と驚かれることも少なくありません。

今回、少しでも自分でケアする方法をと思い、
「自律神経の乱れを整える呼吸法」をレポートにしました。

無料ですので、
ご希望の方は、以下のフォームよりお受け取り下さい。

また、その他にも、
耳の閉塞感が和らぐ秘訣をメール講座形式にてお伝えしています。

・読んでいるだけで耳鳴りが落ち着いた
・長年の耳の詰まりが通った
・聴覚過敏が和らいだ


といった、嬉しいお便りも頂いております。

あなたが、もし、耳のトラブルでお悩みで、
どこに相談しても解決の糸口が見つからなくて、困っているならば、
ぜひ一度、以下のメール講座を利用してみて下さい。

読んでみて、あまり役立たないと思われたら、
いつでも配信を停止していただくこともできますのでご安心下さい。

当サイトにある沢山の喜びのお便りと同じように、
あなたもきっと、治癒への可能性を掴んでいただけるはずです。

以下のフォームにお名前とメールアドレスをご入力して頂くだけで、
5分ほどでお届けいたしております。

【読者様のご感想】
「山下先生のアドバイスがなかったら本当に難病になるところでした。希望だけでも持ち続けられる気力が出てきました。」和田様

「読むことでなんだか安心するのですかね、耳の状態がすごくいいのです。不思議です。読むお薬と題してありましたがそのとおりだとおもいます。」桑原様

「説明にあったようにアルファ波が出ているのか、久しぶりに朝までグッスリ眠る事が出来ました」森様

お名前(仮名可)


メールアドレス


サイト運営:耳鳴り専門院(アステル心身調律院)
所在:大阪市淀川区十三東1−18−28−2F

【プライバシーポリシー】
当サイトではご利用者様のプライバシーを第一に考え運営しております。登録時に取得される個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しています。当該個人情報は法律的に必要が生じた場合を除き第三者に開示・提供する事はありません。

自宅で耳の閉塞感や耳鳴りをスッキリ解消する方法

管理者画像

耳鳴りやすらぐ読む薬-改善Web講座を運営しております山下です。

耳鳴りの原因と治療を考えるサイト概要


このサイトは12年にわたり、耳鳴りの原因とその解決方法を追求してきた管理人オリジナルの情報サイトです。

1万名以上の耳鳴りに悩むクライアントを通じて、解明されてきたポイントをありのままお伝えしています。


耳鳴りの原因
耳鳴りの治療、治療法
耳鳴り症状 音と種類
メニエール病
暗示型の難聴
頭鳴り・脳鳴り
耳詰まり・耳がこもる
聴覚過敏
交通事故・むち打ち
突発性難聴
耳鼻科・耳鼻咽喉科
うつ病・鬱
耳鳴りの薬、付き合い方
ステロイド 耳鳴り治療
肩こり・肩凝り
不眠・不眠症
男性更年期障害
風邪とインフルエンザ予防
睡眠時無呼吸は耳鼻科
気になるニュース。コラム

TweetsWind