本文へスキップ

メニエール病の原因と治療と、その実体

症状の原因と治療を考察する

心身調律グループ

メニエール病にまつわる医学の実体原因と治療


耳鳴り耳鳴り原因耳鳴り治療耳がこもる聴覚過敏頭鳴り

メニエール病は原因自体が未解明なもの


メマイが酷い状態で病院に行くと「メニエール病の疑い」のような診断を受けることがあります。

※ 耳鳴りの消し方・止め方(限定)


そして処方されるお薬は決まって「イソバイド」という利尿剤が出されます。(一般名はイソソルビド。他にはメニレットというのもあります。いずれも利尿薬となります)

なぜこのようなお薬を処方するかというと、「メニエール病の原因は内耳の内リンパ水腫(リンパ液の浮腫や滞り)によって、平衡感覚を司る機能に障害が起きているからメマイが表れるのではないか?だから体の水分を減らす作用のこの薬で、内耳の圧や滞りが解消できないだろうか?」ということで処方されるわけです。

ここで注意してみてもらいたいのですが、「全てが仮定・仮説」で執り行われるということです。


内耳のリンパに浮腫や滞りが起こっているかどうかも仮説であって、未だ断定される状態にまで解明されていないんですね。

そして、仮に内耳の内リンパ水腫だとして、それがメマイとどう関係するかの因果関係も不明。


そして、利尿作用のお薬を服用することによって、内耳のリンパ液にどのように影響を与えるのかも不明。元々は脳圧や眼圧を降下させたり、腎臓や尿管結石においての利尿を促進させることが目的のお薬なんですね。


そして更に、内耳の内リンパ水腫が確定していなくても、「取りあえず」としてイソバイドが処方されているという現実がある。

それは詰まるところ、この薬を飲んでみてメマイの症状が緩和されれば「効いたとみなそう」という判断であり、人が「薬を飲む」という行為に関わる暗示効果(プラシーボ)に関しては無視した判断をおこなっているということがあげられます。


また、極めつけは、このイソバイドの副作用に、実は「めまい」があります。

メマイを抑えるために飲むお薬の副作用が「メマイ」って・・・

これが現実なのです。


医学自体が薬物に依存している現実


こうした実情は、今の医学が薬物治療に依存している表れではないでしょうか。

解決の手段を薬に頼りきっているがために、こうした「矛盾」が起こってくるのではないでしょうか。

この処方によって気持ちが楽になって、少しでも症状が緩和されて助けられているという方もいるでしょうから、それ自体を否定したいわけではありません。

ただ、余りにも症状を繰り返していたり、薬を飲んでも一向に改善されなかったり、どんどん体が弱っていくばかりで心身ともに健康に対する自信を喪失していると感じたならば、「本当にこの治療で良いのだろうか?」という疑問を持ってみて下さい。

他者や世の中の情報ばかりに左右されず、あなた自身の目でしっかりと目の前のことを見られるようになると、もう少し自分にあったものが何であるかが分かってくるのかも知れません。



必見!
>>【神戸の】耳鳴り解消サロンはこちら

>>【名古屋の】耳鳴り解消サロンはこちら

>>【東京の】耳鳴り解消サロンはこちら

>>【沖縄の】耳鳴り解消サロンはこちら


耳鳴り改善【読む薬】


サイト管理人耳鳴りやすらぐ

耳鳴りやすらぐ読む薬-改善Web講座を運営しております山下です。

このサイトは15年以上にわたり、耳鳴りの原因とその解決方法を追求してきた管理人オリジナルの情報サイトです。

1万名以上の耳鳴りに悩むクライアントを通じて、解明されてきたポイントをありのままお伝えしています。


耳鳴り症状 音と種類/耳鳴りの原因/耳鳴りの治療、治療法/頭鳴り・脳鳴り/耳詰まり・耳がこもる/聴覚過敏/自律神経失調症/自声強聴/頭内爆発音症候群/突発性難聴/メニエール病/耳鼻科・耳鼻咽喉科/うつ病・鬱/耳鳴りの薬、付き合い方/ステロイド 耳鳴り治療/睡眠薬・睡眠導入剤/肩こり・肩凝り/不眠・不眠症/小耳症/視床と耳鳴り/暗示型の難聴/補聴器難聴/交通事故・むち打ち/男性更年期障害/顎関節症/アゴのゆがみ/専門家コラム/芸能人ニュース/耳鳴り専門/体験談・感想/HPリンク/小顔矯正/整体・うつ病/堺市 整体 /守山市の整体/耳鳴りアンケート


各地の耳鳴り専門院

兵庫・神戸

愛知・名古屋

沖縄・那覇

東京・国分寺