本文へスキップ

睡眠薬・睡眠導入剤による耳鳴り対策の落とし穴

提供:アステル心身調律院

睡眠薬の常用は耳鳴り慢性化のリスク薬の考察

薬の付き合い方 >ステロイド >睡眠薬・睡眠導入剤

はてなブックマークに追加 Clip to Evernote 

軽い睡眠導入剤でも副作用のない薬は無い


耳鳴りが気になって眠れず、睡眠薬(あるいは睡眠導入剤)を頼りにする方は多いです。

その逆のパターンで、日頃から寝付きが悪くて睡眠導入剤を服用していたら、あるときから耳鳴りを感じるようになったというのも多いです。

※ 薬で治らない 耳鳴りの消し方・止め方(限定)


耳鳴り専門いずれの場合も、睡眠薬や睡眠導入剤を長く常用することは、耳鳴り慢性化のリスクを伴います。病院の先生は薬を出すことが仕事ですから、「これは副作用の無い(少ない)お薬だから」と言って処方しようとします。

しかし、副作用の無い薬はありません。
例え影響の少ないお薬であったとしても、塵も積もれば山となる。当たり前のように服用を長く続ければ、体は自らの能力で活動することよりも、薬に頼らなければ機能できない働きをするようになります。

こうして文章で書くと、リスクというものがハッキリと見えてくるのではないでしょうか。

【耳鳴りの方がよく処方されている薬】
マイスリー、リスミー、レンドルミン、ハルシオン
※デパスという安定剤を睡眠薬代わりに飲んでいる方もいます。

【ちょっとお知らせ】
耳鳴りで不眠にお悩みの方に、
以下のレポートは、病院の薬物治療が合う人には
効果はありません。

しかし、耳鼻科でも改善しない人には、
きっと役立つことと思います。

耳鳴りを解消してグッスリ眠りたい方に、
すぐに使える方法を、PDFファイルでお届け
しています。
無料ですのでお気軽にご活用下さい
以下のフォームより、5分ほどで
お届けいたしております。

お名前(仮名可)


メールアドレス




では、睡眠薬・睡眠導入剤による耳鳴りの直接的な悪影響とは何か?


これは余り知られていないことではあるのですが、「胃腸の硬さ」となって原因は広がりを見せます。

「胃腸と耳?」と疑問に思うかもしれませんが、胃と耳は「管」によってつながっているのです。

上部で言うと、胃は目耳鼻口と、穴という穴につながっています。

下部で言うと、肛門や尿道(尿道口)といったものにつながります。

こうした「管」の中は、綿密に言うと「まだ外側」であると言うことも出来ます。

この管というつながりの中で、胃腸は中心部分となり、ここに「硬さ」が現れると、穴という穴に響いてくるのです。


胃腸の硬さが目に来れば、目の重たさやドライアイなど、口は渇きノドの痛みに顎関節症。鼻は詰まり、耳に響けば耳鳴り難聴・めまい、というわけです。

下部でいうと、過度の尿意、便秘などがあります。

よくストレスで胃に穴が空く(胃潰瘍)と言われるように、まず緊張感はこうした内側の胃腸に現れ、それが外に向かって広がります。緊張感が体の表面に現れるとき、肩首のこりや腰痛、背中の張りといった不快感に変わります。

睡眠薬や睡眠導入剤で怖いところは、こうした胃腸の硬さを自らで招いてしまうことにあります。

自然治癒力を発揮して耳鳴りを解決するための方法


内側と外側では真逆の働きをしていることも・・・


睡眠というものは、自律神経の働きが大きく入れ替わる時間です。

自律神経は簡単に言うと、交感神経(活動)と副交感神経(休息)の働きです。

この働き、実は大ざっぱに言うと、内側と外側では真逆の働きをしていたりします。
つまり、体が目覚めて活動しているとき、内側である胃腸の働きは休息状態にあります。

しかし、体を横にして楽にするとき、休むとき、今度は胃腸が活動し始めます。

この内側と外側のバランスによって人の体は命のリズムを刻んでいます。しかし、ここで睡眠薬や睡眠導入剤を服用するとどうなるかと言うと・・・

カラダを休めていても、胃腸まで休んでしまう。

ということが起こってきます。

本来はカラダを休めれば胃腸が働く時間。それなのに薬の安定作用で胃腸の働きが活発にならず、中途半端な状態となります。

こうした影響を、毎晩の服用によって継続していると、下腹部は常に重だるくなり、下腹部の硬さが上半身のこわばり、下半身のだるさとなり常に緊張状態が起こるようになります。

これでは治るものも治らなくなるというわけです。

本来は不調を治すためと思って飲んでいたお薬も、それに頼りきった価値観で利用してしまうと、思わぬ落とし穴が待っています。

薬というのは「手段」であって、それ自体が解決する本質を含んでいるわけではありません。

何事においても自分を見失わないようにしていきたいものですね。

自宅で、薬に頼らず耳鳴りを克服する方法
大阪で唯一の耳鳴り専門院


参考リンク

薬の付き合い方

関連記事

薬の付き合い方 >ステロイド >睡眠薬・睡眠導入剤




そんなに効果が出るとは思っていなかったのですが、
以下の「耳鳴りやすらぐメール講座」は、

・読んでいるだけで耳鳴りが落ち着いた
・長年の耳の詰まりが通った
・聴覚過敏が和らいだ


といった、嬉しいお便りを本当に沢山頂いております。

なぜ、そのような不思議な現象が起こるのかというと、
ここでお届けする内容は、日常の慌ただしさの中、私たちが忘れかけていた
本当に大切な「気づき」について、お伝えしているからなのかもしれません。

いや、それが効果の本当の理由かは、わかりません。

ですが、確かに皆さん、このメールを読むだけで
なんだか心がホッと癒され、肩の力が抜け、前向きに生きる勇気が
出てきたと言って下さるんです。

そして、それと共に、本当に耳が楽になっていく。

メールをお届けしている私自身、本当にビックリしているくらいなんです。

あなたも、もし耳のトラブルでお悩みで、
どこに相談しても解決の糸口が見つからなくて、困っているならば、
ぜひ一度、以下のメール講座を利用してみて下さい。

ご利用は無料です。

メールを読んでいて、あまり役立たないと思われたら、
いつでも配信を停止していただくこともできますのでご安心下さい。

当サイトにある沢山の喜びのお便りと同じように、
あなたもきっと、治癒への可能性を掴んでいただけるはずです。

以下のフォームにお名前とメールアドレスをご入力して頂くだけで、
5分ほどでお届けいたしております。

【読者様のご感想】
「山下先生のアドバイスがなかったら本当に難病になるところでした。希望だけでも持ち続けられる気力が出てきました。」和田様

「読むことでなんだか安心するのですかね、耳の状態がすごくいいのです。不思議です。読むお薬と題してありましたがそのとおりだとおもいます。」桑原様

「説明にあったようにアルファ波が出ているのか、久しぶりに朝までグッスリ眠る事が出来ました」森様
耳鳴りやすらぐメール講座

お名前(仮名可)


メールアドレス


サイト運営:耳鳴り専門院(アステル心身調律院)
所在:大阪市淀川区十三東1−18−28−2F

【プライバシーポリシー】
当サイトではご利用者様のプライバシーを第一に考え運営しております。登録時に取得される個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しています。当該個人情報は法律的に必要が生じた場合を除き第三者に開示・提供する事はありません。

自宅で、薬に頼らず耳鳴りを克服する方法

管理者画像

耳鳴りやすらぐ読む薬-改善Web講座を運営しております山下です。

耳鳴りの原因と治療を考えるサイト概要


このサイトは12年にわたり、耳鳴りの原因とその解決方法を追求してきた管理人オリジナルの情報サイトです。

1万名以上の耳鳴りに悩むクライアントを通じて、解明されてきたポイントをありのままお伝えしています。


耳鳴りの原因
視床と耳鳴り
耳鳴りの治療、治療法
耳鳴り症状 音と種類
メニエール病
暗示型の難聴
補聴器難聴
頭鳴り・脳鳴り
耳詰まり・耳がこもる
聴覚過敏
交通事故・むち打ち
頭内爆発音症候群
突発性難聴
耳鼻科・耳鼻咽喉科
うつ病・鬱
耳鳴りの薬、付き合い方
ステロイド 耳鳴り治療
睡眠薬・睡眠導入剤
肩こり・肩凝り
不眠・不眠症
男性更年期障害
顎関節症
アゴのゆがみ
風邪とインフルエンザ予防
睡眠時無呼吸は耳鼻科
気になるニュース。コラム
耳鳴り専門
体験談・感想
パサパサ髪 糖化 小顔矯正
整体・うつ病 堺市 整体
ヘッドスパ 小顔矯正 縮毛矯正
フェイシャルエステ 守山市の整体
TweetsWind