本文へスキップ

耳鳴りと不眠症

提供:アステル心身調律院

耳鳴りで眠れないときには症状の考察

はてなブックマークに追加 Clip to Evernote 

寝ようと頑張れば、眠れなくなる(睡眠障害)

耳鳴り専門

「卵が先か、ニワトリが先か」ではないですが、耳鳴りが気になって眠れなくなる場合もあれば、不眠が続いて耳鳴りが酷くなる場合もあります。いずれにしても、互いの存在が悪循環に拍車をかけるようになります。

※ 不眠と耳鳴りの消し方・止め方(限定)


睡眠障害のつらいところは、寝ようと思えば思うほど目が冴えてしまい、寝付けなくなることですね。

実は、根っこには「寝なければならない」という強い固定観念が、神経を余計に興奮させてしまう材料となっている場合があるのです。

【ちょっとお知らせ】
耳鳴りで不眠にお悩みの方に、
以下のレポートは、病院の薬物治療が合う人には
効果はありません。

しかし、耳鼻科でも改善しない人には、
きっと役立つことと思います。

耳鳴りを解消してグッスリ眠りたい方に、
すぐに使える方法を、PDFファイルでお届け
しています。
無料ですのでお気軽にご活用下さい
以下のフォームより、5分ほどで
お届けいたしております。

お名前(仮名可)


メールアドレス




体調というのは常に「波」の状態です。
楽な日もあれば、重たくて苦しい日もあります。

人間の身体はロボットのように、簡素で無機質なプログラミングが設定されている訳ではありませんから、「いつも全く同じペースで」という様には出来ていないんですね。

家事に仕事にと、様々な外的刺激を受けて、たとえわずかでも毎日違った日常を過ごしています。何一つ同じ日はないということです。

その変化のある日常の中で、一定を保ち続けること自体が不自然なことだと感じませんか?

春夏秋冬、様々な環境に適応するには、同じパターンを頑なに続ける方法では環境に適応できなくなるというわけです。

ですから、身体は「あえて」体内リズムを狂わせて、環境や状況に適応しようという働きを生み出すこともあります。長い年月の間で、その変化は緩やかに気づかれない状態でおこなわれる場合もあれば、突然の不眠などで、強く大きな変化として現れて来ることもあるのです。

「明日も仕事だし・・・」「寝ないことは体に良くない!」「寝るのが当たり前!」
そういった型にはめた思想で身体を捉えていくと、身体のちょっとした変化の表れが、とても不都合なことのように感じられて、余分なストレスを抱え込むようになります。

ストレスがストレスを生んで、次第に何から手を付けていけばよいのかわからないほど、神経は興奮状態に入り、寝付きを益々悪くさせていくようになります。

グッスリ眠って、耳鳴りを克服する方法


不眠に対する睡眠薬や睡眠導入剤の「罠」


眠れないことを訴えると、病院ではすぐさま睡眠薬が処方されることがあります。

睡眠薬や睡眠導入剤として、マイスリー・レンドルミン・ハルシオン・アモバン・・・など数々の薬が出されています。

不安や精神が落ち着かなくて眠れないのではないかということで、デパスやレキソタンといった精神安定剤を処方されることもよくあります。

こうした不眠症に対する薬の処方で陥りがちなのが、「癖になる」ということです。
なぜなら、「眠れない」状態を「眠れるようにする」という方法は、「治療」ではなく「対処法」ということになります。

あくまでもそれは対処法であるが故に、「なぜ眠れないのか?」が放置された状態になります。

なぜ眠れないのかということを無視して、ただ眠れるようにするということは、その根本的な原因がわからないままなので、薬を止めるに止められない状態が続いてしまうことがあります。

こうしてある種の薬物依存から、睡眠薬が手放せなくなっている人は意外と多いようです。


また、寝付きが悪い・眠れないということは、身体は今その状態を必要としていることが考えられます。

しかし、仕事のことなどを考えると、どうしても自分の考えの都合によって「いま寝なければ」といった強引さを生みます。そこからどんどん悪循環にはまってしまうのかもしれません。

覚醒している状態を強引に眠らせるということは、これまで正常に働いていた神経機能も同時に眠りにつかせることになります。

これによって体内リズムは自然な状態を生み出しづらくなり、さらに薬無しでは神経の興奮が静まらない状態を作ってしまうこともあります。


大切なことは、出来る限り「身体の表現に付き合ってあげる」ということです。

眠れないときは、眠らないことに付き合い、自分の能力で時間をかけて自然と修復されるのを「待つ」という姿勢も大切になります。

お仕事などで、そう頻繁に不眠に付き合っていられない場合は、100%頑張る必要はありません。どうしてもというときは、睡眠薬に頼っても仕方ないことです。

出来るときと出来ないときがあって当然ですので、出来るときは「挑戦してみる」ということで、少しずつ本来の自分の能力を取り戻すようにしてみましょう。


一般的な治療で治らなかった耳鳴りを根本から解消する方法
大阪で唯一の耳鳴り専門院

関連記事





そんなに効果が出るとは思っていなかったのですが、
以下の「耳鳴りやすらぐメール講座」は、

・読んでいるだけで耳鳴りが落ち着いた
・長年の耳の詰まりが通った
・聴覚過敏が和らいだ


といった、嬉しいお便りを本当に沢山頂いております。

なぜ、そのような不思議な現象が起こるのかというと、
ここでお届けする内容は、日常の慌ただしさの中、私たちが忘れかけていた
本当に大切な「気づき」について、お伝えしているからなのかもしれません。

いや、それが効果の本当の理由かは、わかりません。

ですが、確かに皆さん、このメールを読むだけで
なんだか心がホッと癒され、肩の力が抜け、前向きに生きる勇気が
出てきたと言って下さるんです。

そして、それと共に、本当に耳が楽になっていく。

メールをお届けしている私自身、本当にビックリしているくらいなんです。

あなたも、もし耳のトラブルでお悩みで、
どこに相談しても解決の糸口が見つからなくて、困っているならば、
ぜひ一度、以下のメール講座を利用してみて下さい。

ご利用は無料です。

メールを読んでいて、あまり役立たないと思われたら、
いつでも配信を停止していただくこともできますのでご安心下さい。

当サイトにある沢山の喜びのお便りと同じように、
あなたもきっと、治癒への可能性を掴んでいただけるはずです。

以下のフォームにお名前とメールアドレスをご入力して頂くだけで、
5分ほどでお届けいたしております。

【読者様のご感想】
「山下先生のアドバイスがなかったら本当に難病になるところでした。希望だけでも持ち続けられる気力が出てきました。」和田様

「読むことでなんだか安心するのですかね、耳の状態がすごくいいのです。不思議です。読むお薬と題してありましたがそのとおりだとおもいます。」桑原様

「説明にあったようにアルファ波が出ているのか、久しぶりに朝までグッスリ眠る事が出来ました」森様
耳鳴りやすらぐメール講座

お名前(仮名可)


メールアドレス


サイト運営:耳鳴り専門院(アステル心身調律院)
所在:大阪市淀川区十三東1−18−28−2F

【プライバシーポリシー】
当サイトではご利用者様のプライバシーを第一に考え運営しております。登録時に取得される個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しています。当該個人情報は法律的に必要が生じた場合を除き第三者に開示・提供する事はありません。

一般的な治療で治らなかった耳鳴りを根本から解消する方法

管理者画像

耳鳴りやすらぐ読む薬-改善Web講座を運営しております山下です。

耳鳴りの原因と治療を考えるサイト概要


このサイトは12年にわたり、耳鳴りの原因とその解決方法を追求してきた管理人オリジナルの情報サイトです。

1万名以上の耳鳴りに悩むクライアントを通じて、解明されてきたポイントをありのままお伝えしています。


耳鳴りの原因
視床と耳鳴り
耳鳴りの治療、治療法
耳鳴り症状 音と種類
メニエール病
暗示型の難聴
補聴器難聴
頭鳴り・脳鳴り
耳詰まり・耳がこもる
聴覚過敏
交通事故・むち打ち
頭内爆発音症候群
突発性難聴
耳鼻科・耳鼻咽喉科
うつ病・鬱
耳鳴りの薬、付き合い方
ステロイド 耳鳴り治療
睡眠薬・睡眠導入剤
肩こり・肩凝り
不眠・不眠症
男性更年期障害
顎関節症
アゴのゆがみ
風邪とインフルエンザ予防
睡眠時無呼吸は耳鼻科
気になるニュース。コラム
耳鳴り専門
体験談・感想
パサパサ髪 糖化 小顔矯正
整体・うつ病 堺市 整体
ヘッドスパ 小顔矯正 縮毛矯正
フェイシャルエステ 守山市の整体
TweetsWind