突発性難聴はタバコ、アルコールを控える

耳鳴り専門

突発性難聴は、ある日突然耳が聴こえなくなる原因不明の病気で、厚生労働省の特定疾患に指定されています。

突発性難聴になると耳が聴こえなくなるほかにめまいや耳なりなどの症状もあります。

現在は確実な治療法がないですが、原因として内耳循環説とウイルス感染説が考えられています。

内耳循環説は外部からの振動を音に変える内耳の血管が詰まったり痙攣を起こしたりして血液が充分に届かないために機能不全を引き起こすと考えられています。

ウイルス感染説は、はしかやインフルエンザウイルスが内耳に入り込んだことが原因と考えられています。

突発性難聴は耳が聞こえなくなった状態で2週間以上放置すると回復が難しいとされています。

そのため、耳に異変を感じたら2日以内に耳鼻科にかかり的確な治療を受けることが重要です。

突発性難聴の治療は入院で、ステロイド薬の投与や血液循環を改善する循環改善剤や血管拡張剤の点滴を行います。

回復が見られない場合には、星状神経節ブロックや高圧酸素療法が行われます。突発性難聴の原因には日常生活におけるストレスや疲労が関係しているとされています。

予防法はタバコ、アルコールを控える、バランスの取れた食事をこころがけ、規則ただしい生活をすることが大切です。



必読!
慢性的な耳鳴りでお悩みの方は、根本的に解決する方法をご活用下さい
>> 詳しくはこちらのページをご覧下さい
大阪で唯一の耳鳴り・耳詰まり専門院

他にも、今すぐ取り組める対処法は以下がオススメです。



耳鳴りがスッキリ解消

症例1症例2

5分でできる耳鳴り対策

すぐに読むことが出来ます

※配信解除フォームはこちらにあります
耳鳴りやすらぐメール講座

お名前(仮名可)


メールアドレス


サイト運営:耳鳴り専門院(アステル心身調律院)
所在:大阪市淀川区十三東1−18−28−2F


【プライバシーポリシー】
当サイトではご利用者様のプライバシーを第一に考え運営しております。登録時に取得される個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しています。当該個人情報は法律的に必要が生じた場合を除き第三者に開示・提供する事はありません。