耳の閉塞感が治らない場合は病院で診察を

耳鳴り専門

耳の閉塞感は耳が詰まった感じになり、人の話が聞こえ難くなったり、自分の話す声が小さく聞こえたり声が耳に響く感じになることもあります。

詳しい原因は医学的には解らないと言われていて、風邪などを引いたときにも起こる事があります。また、高層階の建物のエレベーターなどに乗ると圧力で耳が聞こえなくなる事もあります。エレベータなどの場合では、聞こえなくなった瞬間に生唾を飲み込むと治る事が多いのです。

しかし、風邪を引いて耳の閉塞感が起きるとある程度の期間その状態となります。しかし、いつの間にか治っていたり、今まで治らなかったものがあくびなどをした時急に耳が通るようになる事もあるのです。

どうしても治る事無く時間経過していくようであれば、耳鼻科で診察を受けた方が良いと言います。耳の閉塞感はメニエル病の症状としても有名です。メニエール病になるとめまいがしたりする事がありますし、耳の閉塞感にもなります。

仮にメニエル病ではないとしても他の病気になっている事もありますので、生唾を飲み込んでも駄目、あくびをしても治らないという場合は病院での診察をおすすめします。

このように、耳の閉塞感は、圧力などで低音の耳鳴りが起きる事もあれば病の症状として起きる事があると言う事です。そのままにしておけば耳の閉塞感がなくなる事もありますし、何時まで経過しても直らない事もあると言います。

特に耳の内部に腫瘍が出来てしまうと治り難いとも言われているのです。いずれにしても、耳が聞こえ難くなって数日しても回復しない時は治療が必要になる事もあります。



必読!
慢性的な耳鳴りでお悩みの方は、根本的に解決する方法をご活用下さい
>> 詳しくはこちらのページをご覧下さい
大阪で唯一の耳鳴り・耳詰まり専門院

他にも、今すぐ取り組める対処法は以下がオススメです。



耳鳴りがスッキリ解消

症例1症例2

5分でできる耳鳴り対策

すぐに読むことが出来ます

※配信解除フォームはこちらにあります
耳鳴りやすらぐメール講座

お名前(仮名可)


メールアドレス


サイト運営:耳鳴り専門院(アステル心身調律院)
所在:大阪市淀川区十三東1−18−28−2F


【プライバシーポリシー】
当サイトではご利用者様のプライバシーを第一に考え運営しております。登録時に取得される個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しています。当該個人情報は法律的に必要が生じた場合を除き第三者に開示・提供する事はありません。