これだけは知っておきたい耳鳴りの薬の種類

耳鳴り専門

耳鳴りの原因は、耳鼻科の病気だけが原因となっている訳ではありません。ストレスだったり、内科なもの脳神経的なものが原因となっている場合もたくさんあります。

では、耳鳴りの薬にはどんな種類のものを服用して効果を得ようとするのでしょうか。血流改善のためには、血管を広げて血行不良を改善するもの、末梢神経に栄養を与えるビタミンB12、血流量を増やして血流促進を図るためのビタミン剤を用いることが多いです。

そのほか、メンタル的な部分での耳鳴りも多いので、その場合においては抗不安薬・抗めまい薬・抗うつ剤・自律神経失調薬・睡眠導入薬も用いられることが多いです。炎症性のものの場合はステロイドを用いる場合があります。まずは何が原因なのかを知ることが大切です。

脳神経外科での検査

耳鳴りは、加齢や生理的に生じるものだけではなく、ストレスや睡眠不足、体調不良が原因で生じる場合もあります。また、高血圧や脳腫瘍、聴神経腫瘍、脳血管の異常などの病気が原因で生じる症状です。

この耳鳴りの症状が、1日以上継続して生じていたり、突発的に激しい耳鳴りが生じたり、何度も繰り返して生じる場合は、耳鼻科や脳神経外科を受診し、検査を受ける必要があります。耳鼻科では、直接、耳の中を診て耳の病気や炎症が原因で生じているのかを診察で特定することができます。

そして、診察では耳鳴りの原因が特定できない場合は、耳の機能の検査が行われます。しかし、耳の病気ではなく、耳鼻科では原因が特定できない場合は、聴神経や脳になんらかの障害があり、それが原因で耳鳴りが生じている場合もあります。

その場合は、脳外科や脳神経外科を受診し、検査を受ける必要があります。また、耳や首の骨の異常で生じる場合もありますので、この場合は、骨の異常を調べるために、X線検査が行われる場合もあります。

そして、脳神経外科では、MRIやABR(聴性脳幹電位)などを使用して脳内の精密な検査を行うことができます。このような検査を受けることで、耳鼻科ではわからなかった耳鳴りの原因を特定できる場合があります。

例えば、脳腫瘍や脳神経腫瘍、脳梗塞などの重大な病気の場合もあります。また、頚椎ヘルニアの場合もあります。さらに、脳神経外科では、自律神経やストレスによる耳なりの対処もしてもらうことができます。また、頭痛を伴う場合には、頭痛専門外来というものもありますので、そちらを受診する方法もあります。

このように、耳鳴りの原因にはさまざまですから、耳鼻科で検査を受けても特定できない場合は、重大な病気が潜んでいる場合もありますので、脳神経外科を受診して精密検査を受診する必要があります。また、異常な耳鳴りを感じている場合は放置せずに、早めに病院を受診することが必要です。

整体で頭鳴りをやわらげる

耳鳴りと頭鳴りは混同されやすいですが、別々の問題です。
前者は周囲が無音にも関わらず、キーンといった音が耳で聞こえてしまう体調不良です。

後者の方は耳で感じるのではなく、どちらかと言うと頭の中で金属を叩くような高い音が感じられる症状を指します。
ただ、厳密な区分は専門家でも難しく、呼び方や区分にこだわる必要はあまりありません。

共に原因は精神的なストレスや運動不足、急に現れた深刻な悩みだと言われています。
心労がピークに達すると人の身体は、まるで鋼のようにカチカチにこわばってしまいます。

そして頭鳴りの賢い治療法として、注目されているのが整体です。
街の整体サービスの施設に行けば、頭鳴りの症状について相談する事が出来ます。

心労をケアしつつ、問題の発生原因とみられる身体の極度の緊張状態を緩和してもらえば、頭鳴りの症状はやわらいでいきます。整体は気軽に受けて良いサービスです。美容院のように先に受けたいサービスを電話で相談し、予約した方が円滑に施術が受けられます。



必読!
慢性的な耳鳴りでお悩みの方は、根本的に解決する方法をご活用下さい
>> 詳しくはこちらのページをご覧下さい
大阪で唯一の耳鳴り・耳詰まり専門院

他にも、今すぐ取り組める対処法は以下がオススメです。



耳鳴りがスッキリ解消

症例1症例2

5分でできる耳鳴り対策

すぐに読むことが出来ます

※配信解除フォームはこちらにあります
耳鳴りやすらぐメール講座

お名前(仮名可)


メールアドレス


サイト運営:耳鳴り専門院(アステル心身調律院)
所在:大阪市淀川区十三東1−18−28−2F


【プライバシーポリシー】
当サイトではご利用者様のプライバシーを第一に考え運営しております。登録時に取得される個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しています。当該個人情報は法律的に必要が生じた場合を除き第三者に開示・提供する事はありません。