これだけは知っておきたい耳鳴りの薬の種類

耳鳴り専門

耳鳴りに悩まされる方も多くいらっしゃると思います。耳鳴りは早めに治療を受ける事で症状を緩和することができます。実際に耳鳴りにはどのような種類の薬が処方されるのでしょうか。

プレドニン(ステロイド)

段階によって変わってきますが、発症から1カ月以内の初期にはプレドニン(ステロイド)、ビタミンB12です。

ステロイドと聞くとあまり良い印象を持たないかも知れませんが、服用期間が3〜5日と短いので負担は気にならないでしょう。服用するタイプだけでなく、点耳するもの処方される場合もあります。

発症から1カ月以上経った中期になると血流改善薬や血管拡張剤、ビタミン剤、代謝改善薬、ストレス性の耳鳴りの場合は鬱症状として、抗うつ剤や抗不安薬が処方される場合も有ります。原因によって効果がある薬も異なり、漢方が処方されることもあるのです。

ビタミン剤を処方

耳鳴りは「キーン」・「ゴーン」・「ザー」など人によって違いますが不快だったり、何か大きな病気からくるものかと不安になります。

実際に耳鳴りの原因になる高血圧や頭の中に腫瘍ができていたりする場合があるので、専門医に診てもらうことをおすすめします。耳鳴りのお薬は原因によって処方される種類が異なります。

ビタミンが不足しておこっているときはビタミン剤を処方して様子を見ます。また、血行不良が原因と考えられる場合には血管を拡張して血液循環を良くして代謝を促すことで様子を見ます。

ほかには中枢神経と内耳に関わる耳鳴りの治療薬も効果があるといわれています。心理的なストレスが原因でおこることもあり、そのままにしておくと治療が長引くとこもありますから、耳鳴りがすると感じたら耳鼻科に相談することをおすすめします。


抗不安・抗うつ薬

病院で耳鳴りの治療を受ける場合に、用いられる薬の種類について説明します。主に用いられるのは、抗不安・抗うつ薬です。血流改善薬が用いられることもあります。精神を安定させたり、自律神経を整えたりすることで、耳鳴りを改善する効果があります。

症状によっては、注射による投薬も行われます。炎症を抑える効果があるステロイドホルモンや、自律神経の働きを助ける局所麻酔が用いられます。

病院で処方される薬の他に、漢方やサプリメントも多数あります。耳鳴りには体質の改善が有効であるため、生活習慣を改善するとともに、漢方やサプリメントを長期的に使用することで、症状が治まる場合も多くあります。いずれの治療でも、各々の症状を診ながら治療法を探っていくことになります。



必読!
慢性的な耳鳴りでお悩みの方は、根本的に解決する方法をご活用下さい
>> 詳しくはこちらのページをご覧下さい
大阪で唯一の耳鳴り・耳詰まり専門院

他にも、今すぐ取り組める対処法は以下がオススメです。



耳鳴りがスッキリ解消

症例1症例2

5分でできる耳鳴り対策

すぐに読むことが出来ます

※配信解除フォームはこちらにあります
耳鳴りやすらぐメール講座

お名前(仮名可)


メールアドレス


サイト運営:耳鳴り専門院(アステル心身調律院)
所在:大阪市淀川区十三東1−18−28−2F


【プライバシーポリシー】
当サイトではご利用者様のプライバシーを第一に考え運営しております。登録時に取得される個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しています。当該個人情報は法律的に必要が生じた場合を除き第三者に開示・提供する事はありません。