子連れで乗り物に乗った際に起きる耳の閉塞感

耳鳴り専門

(一般的に不安を煽り、害となりがちな文章)

耳の閉塞感を感じた場合、最も安全で安心なのは耳鼻科を受診することです。もし耳に異常があれば、すぐに診断が付きます。

中には重篤な病気の前触れである可能性もあるので、心配な場合にはまず耳鼻科に頼るべきでしょう。

もし、飛行機や新幹線などの乗り物に乗った際に感じるような耳の閉塞感やエレベーターで急激に上昇したり下降したりした際に感じる一般的なものであれば、唾液を飲み込んだりあくびをすることによって症状は改善されます。

まだ上手に意思を伝えることのできない子供や乳児を連れて飛行機に搭乗する際には注意が必要です。

子供は耳の閉塞感を大人にうまく伝えることができません。
泣いたりぐずったりすることで不快感を伝えようとするだけです。

訳が分からずどうすることも出来ず放置してしまうと、耳に痛みを感じるようになります。

何かの拍子に耳が治るまでずっと我慢させておかなければなりません。

そのようなかわいそうな事態を避けるために、飛行機の離陸時や着陸態勢に入った後に心がけると良いことがあります。

それは、赤ちゃんであれば哺乳瓶でミルクなどの飲み物を与えることです。

小さな子供の場合は、あらかじめマグなどにお茶やジュースを入れておき、飛行機の離着陸時に少しずつでも飲ませることです。

大人が唾液を飲み込んで耳の閉塞感を改善させることと同じ効果を得ることができます。

治らないまま放っておくとますます治りにくくなる上、不快感が増していくばかりです。

もし簡単なことで防ぐことができるのであれば、あらかじめ準備しておくことも大切です。

(ここまで)

こういう情報が垂れ流しで掲載されていて、
みなさん益々不安を膨らませて、必死に無意味な対処療法に走って、薬で抑え付けることばかりしてしまうんですよね。

耳鳴り 耳鳴りの原因 耳鳴り治療



必読!
慢性的な耳鳴りでお悩みの方は、根本的に解決する方法をご活用下さい
>> 詳しくはこちらのページをご覧下さい
大阪で唯一の耳鳴り・耳詰まり専門院

他にも、今すぐ取り組める対処法は以下がオススメです。



耳鳴りがスッキリ解消

症例1症例2

5分でできる耳鳴り対策

すぐに読むことが出来ます

※配信解除フォームはこちらにあります
耳鳴りやすらぐメール講座

お名前(仮名可)


メールアドレス


サイト運営:耳鳴り専門院(アステル心身調律院)
所在:大阪市淀川区十三東1−18−28−2F


【プライバシーポリシー】
当サイトではご利用者様のプライバシーを第一に考え運営しております。登録時に取得される個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しています。当該個人情報は法律的に必要が生じた場合を除き第三者に開示・提供する事はありません。