耳の閉塞感には要注意

耳鳴り専門

(一般的な不安を助長させる文章例)

クーラーのよく効いた部屋から暑い外へ、そしてまたクーラーの効いた室内へ。

このような寒暖の差が激しい場合、頭痛や眩暈をおこし、耳の閉塞感を感じるような事が多くあります。

一時的に肉体のバランスが崩れているだけとか、夏バテの酷いものだとか、勝手に判断してしまい、いつまでもひきずってしまうというような事も多々ありますが、それは非常に危険であるとも言えます。

確かに体の温度調節が激しい寒暖の差で狂っているだけの場合もありますが、重大な疾患であるケースも少なくない為です。

耳の閉塞感を感じた場合に考えられるケースとしては、メニエール病突発性難聴耳鳴り、自律神経失調症などがあげられます。

どのケースもこじらせてしまうと難病へと発展しかねない為、早めの検査および治療が重要となってきます。

また、特にどの疾患も考えられない場合も、耳の閉塞感から発生する眩暈や吐き気などは通常の生活を送る上でも支障をきたしてきます。

この眩暈や吐き気が出てきた場合、生活する上で直接的に障害となってくる症状は耳の閉塞感よりも眩暈や吐き気となってくる為、後者の症状に対する対症療法にはしってしまいがちになる為、根本的な治療になかなかたどり着けず、いつまでも症状をひきずってしまう事も少なくありません。

従ってまず大切なのは耳の閉塞感を感じ、それがしばらく続くようであれば、症状を軽くみることなく、まず病院へ行き、検査を受けることをおすすめ致します。

また、ひとつの病院だけでなく、複数の病院で診断を受けることも重要です。



必読!
慢性的な耳鳴りでお悩みの方は、根本的に解決する方法をご活用下さい
>> 詳しくはこちらのページをご覧下さい
大阪で唯一の耳鳴り・耳詰まり専門院

他にも、今すぐ取り組める対処法は以下がオススメです。



耳鳴りがスッキリ解消

症例1症例2

5分でできる耳鳴り対策

すぐに読むことが出来ます

※配信解除フォームはこちらにあります
耳鳴りやすらぐメール講座

お名前(仮名可)


メールアドレス


サイト運営:耳鳴り専門院(アステル心身調律院)
所在:大阪市淀川区十三東1−18−28−2F


【プライバシーポリシー】
当サイトではご利用者様のプライバシーを第一に考え運営しております。登録時に取得される個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しています。当該個人情報は法律的に必要が生じた場合を除き第三者に開示・提供する事はありません。