突発性難聴と入院治療

耳鳴り専門

突発性難聴の治療を行う際、通院ではなく入院が必要な場合もあります。耳鳴り症状や治療方法によっても異なりますが、通院では治療を思うように行っていくことが難しいことが多いのです。

なぜ通院では治療が難しいのでしょうか。それは副腎脂質ステロイドを投与して治療を行っていくことが多いからです。投与量は症状によって異なりますが、軽度の場合で1日20mg程度、中程度で30mg、重症だと40mgを超えることもあります。

どちらにしろ、かなりの量です。ステロイドは副作用が大きなデメリットとして存在していますから、それを防ぎ、あるいは副作用が現れたときに的確な対処を行うためにも病院内で治療を行っていく必要があるのです。

逆に、それ以外のことはあまりすることはないため、病院にいる間それほど緊張して過ごす必要はないとも言われています。それだけに問題なのは期間でしょう。

どれぐらいの間、病院で治療を受け続けなければならないのでしょうか。ステロイドによる治療は依存状態を防ぐために突発性難聴の治療では2週間以上続けて投与しないのが原則です。ですから2週間がひとつの目安となるでしょう。

入院中は、どうしても日常生活が止まってしまいますから、仕事を持っている人などにとっては大きなマイナスとなってしまうでしょう。

ただ、この難聴は早期発見が何よりも重要といわれています。それだけにズルズルと診察を受けるのを引き伸ばした結果、完治が困難な状況に陥ってしまうことがないようにしたいものだとよく言われていますが、その考えが重要だという根拠は何もありませんので、あまり不安を抱きすぎないようにしましょう。



必読!
慢性的な耳鳴りでお悩みの方は、根本的に解決する方法をご活用下さい
>> 詳しくはこちらのページをご覧下さい
大阪で唯一の耳鳴り・耳詰まり専門院

他にも、今すぐ取り組める対処法は以下がオススメです。



耳鳴りがスッキリ解消

症例1症例2

5分でできる耳鳴り対策

すぐに読むことが出来ます

※配信解除フォームはこちらにあります
耳鳴りやすらぐメール講座

お名前(仮名可)


メールアドレス


サイト運営:耳鳴り専門院(アステル心身調律院)
所在:大阪市淀川区十三東1−18−28−2F


【プライバシーポリシー】
当サイトではご利用者様のプライバシーを第一に考え運営しております。登録時に取得される個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しています。当該個人情報は法律的に必要が生じた場合を除き第三者に開示・提供する事はありません。