【顎関節症】 咬筋及び側頭筋の片側的収縮

耳鳴り専門

顎関節症はあくびをしたり大きな口を開けて食べ物を食べようとしたときなどにあごががくがくいったり口が閉じられなくなったりすることを言います。

原因もさまざまです。
咬筋及び側頭筋の片側的収縮も原因の1つです。

これはいつも同じ方向で寝たりうつ伏せで寝たりする癖のことを言います。またいつも同じ方向で噛むなどでも顎関節症になります。

これらの癖をなおすことで顎関節症になりづらくなります。

これらの癖はストレスととても密接な関係があります。

そのためストレスを解消することがもっとも大切なことです。

あまりにもストレスがたまりすぎると顎関節症以外の病気にもなりやすくなります。

自分でストレスがたっまたら発散する方法を見つけることがよいです。

ストレスをためないことが一番よいですが人間関係などで誰でもストレスはたまってしまうものです。

しかしストレスの発散方法を身につけることができれば精神的にも安定することができます。

自分なりの方法が見つけられない場合には医師の診察を受けることが必要です。

精神安定剤や睡眠薬を処方してくれる場合もあるからです。
しかしなるべくストレスをためこまないようにすることです。

ストレスがたまったら少しずつ発散することがよいです。



必読!
慢性的な耳鳴りでお悩みの方は、根本的に解決する方法をご活用下さい
>> 詳しくはこちらのページをご覧下さい
大阪で唯一の耳鳴り・耳詰まり専門院

他にも、今すぐ取り組める対処法は以下がオススメです。



耳鳴りがスッキリ解消

症例1症例2

5分でできる耳鳴り対策

すぐに読むことが出来ます

※配信解除フォームはこちらにあります
耳鳴りやすらぐメール講座

お名前(仮名可)


メールアドレス


サイト運営:耳鳴り専門院(アステル心身調律院)
所在:大阪市淀川区十三東1−18−28−2F


【プライバシーポリシー】
当サイトではご利用者様のプライバシーを第一に考え運営しております。登録時に取得される個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しています。当該個人情報は法律的に必要が生じた場合を除き第三者に開示・提供する事はありません。