突発性難聴とメニエール病の違い

耳鳴り専門

突発性難聴の治療に関しては2つの重要なポイントがあります。ひとつは、できるだけ早期の段階で治療を開始すること、もうひとつは正しい診断を行うことです。前者が重要なのはいうまでもありませんが、後者は他の病気と間違えてしまう恐れがあるだけに注意が必要になってきます。

とくに間違えられやすいのが、メニエール病です。似たような症状があるため、自己判断では判別しにくいのです。

では、この病気はどういった特徴があり、突発性難聴とはどういった違いがあるのでしょうか。まず内リンパ水腫が内耳に発症することです。これは内耳にある内リンパ液が過剰な状態になると発症するものです。この内リンパ水腫があるかどうかが見分ける最大のポイントとなります。なお、この水腫ができる原因はまだはっきりとは判明しておらず、ストレスとの関係が指摘されています。

この病気がもたらす症状としては難聴の他、めまい、耳鳴り耳の閉塞感などが生じます。片耳にのみ生じることが多いのも共通しています。

もうひとつ、大きな違いとなるのが再発の有無です。突発性難聴の場合、一度完治した場合には再発するケースは非常に稀です。しかしこの病気の場合は繰り返し再発するケースも見られており、注意が必要です。治療方法はおもに薬物療法、内リンパ水腫を軽減するための薬物の投与やめまいを防ぐ薬などが使用されます。

専門家でなければ区別が難しい面もあるため、納得のいくまで検査を受け、正しい診断を受けるよう心がけることも難聴対策では重要になってくるわけです。



必読!
慢性的な耳鳴りでお悩みの方は、根本的に解決する方法をご活用下さい
>> 詳しくはこちらのページをご覧下さい
大阪で唯一の耳鳴り・耳詰まり専門院

他にも、今すぐ取り組める対処法は以下がオススメです。



耳鳴りがスッキリ解消

症例1症例2

5分でできる耳鳴り対策

すぐに読むことが出来ます

※配信解除フォームはこちらにあります
耳鳴りやすらぐメール講座

お名前(仮名可)


メールアドレス


サイト運営:耳鳴り専門院(アステル心身調律院)
所在:大阪市淀川区十三東1−18−28−2F


【プライバシーポリシー】
当サイトではご利用者様のプライバシーを第一に考え運営しております。登録時に取得される個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しています。当該個人情報は法律的に必要が生じた場合を除き第三者に開示・提供する事はありません。