サプリメント

耳鳴り専門

うすきね血の道振薬

耳鳴りサプリメントとして、うすきね血の道振薬があります。
うすきね血の道振薬とは、17種類の和漢生薬を組み合わせてできています。効能としては、血行の障害を除き、自律神経を安定させて、新陳代謝を旺盛にします。

婦人病などによく現れやすい、体質が虚弱な婦人の諸症状、頭痛、ヒステリー、月経不順、のぼせ、耳鳴り、めまい、冷え性、産前産後に起こる病気など、女性特有の症状を改善します。

うすきね血の道振薬の特徴としては、血の道の原因である血液やホルモンのアンバランスを正し、体内の諸毒を排泄する作用があります。体内の抗病力をたかめるので病気のからみあいも総合的にゆっくり治して不快な悩みを取り除いてくれます。

このうすきね血の道振薬は1袋に水またはぬるま湯720mlを加えて540mlにせんじつめて、そのせんじた液を毎食間と就寝前の4回に分けて服用します。

サプリや薬などは、自分にあったものであれば、体調などの改善に役立ちますが、全てのサプリや薬が効くとは限りません。
うすきね血の道振薬を飲んでいて、5〜6日間服用しても症状がよくならなかったり、皮膚に発疹・発赤・かゆみの症状が出たり、悪心や食欲不振の症状が出る場合は、服用を止めて、お医者さんや薬剤師さんに相談したほうが良いです。

あとは、別でお医者さんの治療を受けていたり、本人や家族がアレルギー体質だったり、薬などでアレルギー症状がでたことがある場合は、飲む前にお医者さんや薬剤師さんに相談してから服用したほうが良いです。

パピロギン

耳鳴りサプリメントで、パプロギンがあります。
パプロギンとは、新陳代謝を盛んにするニコチン酸アミド、神経性難聴に効果のあるビタミンB1、アレルギーによる耳鳴りに効果のある抗ヒスタミン剤や毛細血管を拡張して内耳の血流を高め、また鎮静作用のある塩酸パパベリンを配合しています。

錠剤タイプの耳の内服薬になります。
中枢神経の沈静、内耳諸神経の調整をはかる事により、耳鳴りの症状が緩和されます。

使用上の注意として、15歳未満の服用や、他の耳鼻科用の薬、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬(例えば、乗り物酔い止め薬やかぜ薬など)、服用後の乗り物又は機械類の運転や操作をしないでください。眠気があらわれる可能性があります。

あと、長期の連用はしないでくさい。
パプロギンを服用していて、皮膚に発疹や発赤、かゆみ等のアレルギー症状が出たり、排尿が困難になった場合は、服用を中止し、お医者さんや薬剤師に相談してください。

耳鳴りでパプロギンの服用を考えている人は、別でお医者さんの治療を受けていたり、妊娠又は妊娠していると思われる人、今までに他の抗ヒスタミン剤や乗り物酔い止め薬、かざ薬などにより、アレルギー症状を起こしたり、緑内障(目の痛みや目のかすみなど)があったり、排尿が困難な人は、最初にお医者さんや薬剤師酸に相談して、服用をしてください。



必読!
慢性的な耳鳴りでお悩みの方は、根本的に解決する方法をご活用下さい
>> 詳しくはこちらのページをご覧下さい
大阪で唯一の耳鳴り・耳詰まり専門院

他にも、今すぐ取り組める対処法は以下がオススメです。



耳鳴りがスッキリ解消

症例1症例2

5分でできる耳鳴り対策

すぐに読むことが出来ます

※配信解除フォームはこちらにあります
耳鳴りやすらぐメール講座

お名前(仮名可)


メールアドレス


サイト運営:耳鳴り専門院(アステル心身調律院)
所在:大阪市淀川区十三東1−18−28−2F


【プライバシーポリシー】
当サイトではご利用者様のプライバシーを第一に考え運営しております。登録時に取得される個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しています。当該個人情報は法律的に必要が生じた場合を除き第三者に開示・提供する事はありません。