鼓膜

耳鳴り専門

突発性難聴とはなんの前触れもなく、「ある日、突然」片方の耳が聞こえなくなる耳の病気のこと言います。

突発性難聴の症状として、ある日「突然」片方の耳が聞こえなくなる、そして、耳鳴りやめまい、自分の声が反響して聞こえる補充現象というものが現れるようです。

症状には個人差があり、難聴だけの人、めまいを伴う人など様々のようです。実際に私の友人は、耳鳴りの症状とめまいがし、常に電車に揺られている気分だ・・・と言ってました。

静かすぎても耳鳴りが気になりすぎてしまい、かと言って、外に出て人ごみの中にいるのも辛い・・・とも言っていました。

原因不明の病気、難聴とも言われていますが、肩こりやストレス、睡眠不足、帯状疱疹(たいじょうほうしん)などで耳に関係する器官の血流障害が起こるために発症するとも言われており、肩などの血流を改善するだけでも耳の機能が正常に働き、聞こえや平衡感覚が改善するようです(人により様々)。

耳の構造は、耳かきなどで耳掃除ができる鼓膜までの外耳(がいじ)、鼓膜から内側の中耳(ちゅうじ)、そしてさらに奥の内耳(ないじ)があります。

中耳炎の場合、この中耳が侵されます。

私は、小学生の時、プールの季節になると、何度も何度も中耳炎にかかったのを思い出しました。

耳の中に水が入った感覚が常にあり、ボォーと音がしているような、時には痛みも現れた気がします。

あまりの気分の悪さに泣きながら耳鼻科に言った記憶もあります。突発性難聴はその奥にある内耳の病気です。

この内耳には平衡感覚を司っている三半規管と音を感知する蝸牛(かぎゅう)があるため、耳鳴りやめまいや難聴の症状が現れます。



必読!
慢性的な耳鳴りでお悩みの方は、根本的に解決する方法をご活用下さい
>> 詳しくはこちらのページをご覧下さい
大阪で唯一の耳鳴り・耳詰まり専門院

他にも、今すぐ取り組める対処法は以下がオススメです。



耳鳴りがスッキリ解消

症例1症例2

5分でできる耳鳴り対策

すぐに読むことが出来ます

※配信解除フォームはこちらにあります
耳鳴りやすらぐメール講座

お名前(仮名可)


メールアドレス


サイト運営:耳鳴り専門院(アステル心身調律院)
所在:大阪市淀川区十三東1−18−28−2F


【プライバシーポリシー】
当サイトではご利用者様のプライバシーを第一に考え運営しております。登録時に取得される個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しています。当該個人情報は法律的に必要が生じた場合を除き第三者に開示・提供する事はありません。