メニエール病や低音障害型感音性難聴の特長

耳鳴り専門

突発性難聴とメニエール病は、症状が似ている為、即座に判断するのは難しいケースが多いようです。突発性難聴は、方耳だけの発症であることが多く、2回目までの発作期間も比較的長いようです。

特徴

メニエール病の特徴は、難聴に加えて、吐き気を伴う、めまいです。メニエール病の初期段階では、耳鳴り程度の異常しかみられませんが、とつぜん、目が回るようなめまいに襲われます。このめまい発作は、一時回復しますが、何度も繰り返され、難聴が重症化していくことが多いようです。

メニエール病は、過度の疲労やストレスなどが原因として大きく影響していると思われます。睡眠をたっぷりとり、安静にすることが大切です。
生活習慣を見直し、不規則な生活やストレスの要因などを可能な限り負担の少ない状況となるよう心がけることが大切でしょう。

薬物療法

めまい体操などの訓練も有効です。薬物療法では、症状により、適した薬剤を使用します。ステロイド剤やビタミン剤、精神安定剤などにより、改善をはかります。

激しいめまいや耳詰まり・耳がこもる聴覚過敏を感じたら、メニエール病が疑われるので、放置せずに、早目の対処を心がけましょう。メニエール病の症状が、長期化するようであれば、手術を行うケースもあります。

低音障害型感音性難聴

突発性難聴と一口でいっても、その症状にはいろいろな病態や病名があります。同じ突発性難聴でも、めまいが伴うメニエール病は比較的知名度がありますが、低音障害型感音性難聴に関しては、聞きなれない方も多いのではないでしょうか。

低音障害型感音性難聴は、低音部に限って難聴の症状があらわれることが特徴の病気で、最近増加傾向にあるようです。

原因

低音障害型感音性難聴は、疲労やストレスが原因であると考えられ、生活習慣の改善を心がけ、休養をとることでよくなるケースもあります。ストレスと難聴と言うのは深く関係しており、心と体のケアが、大きく影響するのです。

耳に重い違和感や耳鳴りが気になる場合は、早目に受診し、安静にすることが必要です。ストレスによる体の不調は、危険サインと捉え、見過ごすことのないよう気をつけましょう。

ストレッチやウォーキングなどにより心身の緊張をほぐし、安定を保つことも大切です。ビタミン剤や血行を促す薬なども有効でしょう。

低音障害型感音性難聴は、比較的軽い難聴であり、適切な対処で改善できるでしょう。長期化したり、症状が進行している場合には、違う難聴疾患である可能性もあるので、詳しい聴力検査が必要です。



必読!
慢性的な耳鳴りでお悩みの方は、根本的に解決する方法をご活用下さい
>> 詳しくはこちらのページをご覧下さい
大阪で唯一の耳鳴り・耳詰まり専門院

他にも、今すぐ取り組める対処法は以下がオススメです。



耳鳴りがスッキリ解消

症例1症例2

5分でできる耳鳴り対策

すぐに読むことが出来ます

※配信解除フォームはこちらにあります
耳鳴りやすらぐメール講座

お名前(仮名可)


メールアドレス


サイト運営:耳鳴り専門院(アステル心身調律院)
所在:大阪市淀川区十三東1−18−28−2F


【プライバシーポリシー】
当サイトではご利用者様のプライバシーを第一に考え運営しております。登録時に取得される個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しています。当該個人情報は法律的に必要が生じた場合を除き第三者に開示・提供する事はありません。