再発予防

耳鳴り専門

突然、耳が聞こえなくなったら、誰もが不安と恐怖を感じるのではないでしょうか。

突発性難聴は、原因が特定できず、急に難聴となる病気です。突発性難聴には、軽度から重度の症状がみられ、回復率も異なります。

軽度の症状では、耳が少しこもった感じがする程度に対し、重度の突発性難聴では、耳元の大きな声も聞こえず、日常生活やコミュニケーションにも支障が生じます。

重度の突発性難聴の場合には、治療を行ったとしても、効果に大きく差が出るようです。

突発性難聴が重度の場合、治療後の回復率は低いことも多く、改善しない症状に悩んでいる方も多いようです。突発性難聴の症状が重度の場合、高気圧酸素療法や神経ブロックなどの治療方法を試すこともあるようです。

特に、突発性難聴が重度の場合には、適切な処置の受けられる専門病院などで出来るだけ早く治療を行うことが肝心です。

突発性難聴は、原因不明で深く認識されていない場合も多く、診断が遅れたり違っていたことで回復に支障をきたすケースも多いようです。

再発

最近は、ライフスタイルの変化からか、突発性難聴が増加しているようです。突発性難聴は、基本的に再発は繰り返さないといわれています。

一度目の発作からある一定の期間がたって、また突発性難聴が起きた場合は、再発という認識ではなく、単独的に起きた、新たな発症として扱われるようです。

一方、メニエール病は、めまいを伴う発作が何度も再発することから、突発性難聴と区別することが可能です。ただし、突発性難聴にも、めまいを伴うケースもありますので、さらに詳しい検査や、観察が必要です。

突発性難聴の原因には、ストレスが影響していると考えられています。突発性難聴が、一度完治したとしても、生活習慣やストレスなどの改善を試みなければ、また発症する可能性も考えられます。

突発性難聴は、軽度であれば薬で治すことが可能です。処置が遅れると、改善が難しいので、軽く考えず、病院へ急ぐことをおすすめします。

また、突発性難聴と症状が似ていて、何度も再発を繰り返す難聴に、低音障害型感音難聴があります。再発が起こるのは、メニエール病と同じですが、耳鳴りや、塞がった感覚が特徴です。

過労やストレスが原因と考えられており、睡眠と休養が必要です。



必読!
慢性的な耳鳴りでお悩みの方は、根本的に解決する方法をご活用下さい
>> 詳しくはこちらのページをご覧下さい
大阪で唯一の耳鳴り・耳詰まり専門院

他にも、今すぐ取り組める対処法は以下がオススメです。



耳鳴りがスッキリ解消

症例1症例2

5分でできる耳鳴り対策

すぐに読むことが出来ます

※配信解除フォームはこちらにあります
耳鳴りやすらぐメール講座

お名前(仮名可)


メールアドレス


サイト運営:耳鳴り専門院(アステル心身調律院)
所在:大阪市淀川区十三東1−18−28−2F


【プライバシーポリシー】
当サイトではご利用者様のプライバシーを第一に考え運営しております。登録時に取得される個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しています。当該個人情報は法律的に必要が生じた場合を除き第三者に開示・提供する事はありません。