外傷性難聴

耳鳴り専門

突発性難聴とは、ある日、急に片側の耳が聞こえなくなっていたり、つまる感じがしたり、耳鳴りを感じたりする病気です。また、夕方になると急にめまいとともに難聴を感じたりすることで発症することもあります。

今までどうもなかったのに、突然急に発症するタイプの内耳の病気を突発性難聴といいます。突発性難聴は10歳以下では少ないのですが、珍しい病気ではなく、誰もがかかる可能性があります。

その程度も片耳がまったく聞こえないという重症型から、少し耳鳴りがする程度の軽いものまで非常に様々です。また、ライブやコンサートの後などに耳の痛みや耳鳴りを感じることがありますが、これは外傷性難聴が疑われます。

外傷性難聴とは大きな爆発音、工事現場や飛行場の騒音を聞いたり、コンサートやライブなどで長時間騒音にさらされることで、鼓膜や内耳が傷ついてしまったことにより発症します。耳の痛みの他、検査してみると一定の音域が聞き取れないことがあります。その治療には血管拡張剤、ビタミン剤等を使います。

どちらの病気も、少し耳鳴りがする程度のものですと自然治癒するだろうと様子をみているうちに悪化するケースがありますので、早期治療が非常に大切です。

内耳梅毒

突然に難聴を起こす病気としては、耳あか、急性中耳炎、滲出性中耳炎、内耳炎、内耳梅毒、メニエール病などがあげられますが、その中で原因不明のものを突発性難聴と呼びます。

突発性難聴は、テレビの耳鼻科特集でも取り上げられるほど、珍しくない病気で、芸能人でも突発性難聴になったというニュースを聞くことがあります。

突発性難聴の原因は、寝不足が続いたり、風邪をこじらせたことが原因となることがありますが、発症する前日まで特に何も異変がなかったということの方が多いです。その治療は、病気の原因がはっきりしないので難しいのですが、できるだけストレスを避け、安静にしながら、薬物療法が中心となります。

すべてではありませんが、難聴の程度が軽ければ軽いほど、治療は早ければ早いほど治る確率は高くなります。何か以上を感じた場合はできるだけ早く医師の診察を受けましょう。

2週間以内に治療を開始すれば7割くらいの人の聴力が回復すると言われていますが、それ以降になると難しくなってしまうからです。

その他、突発性難聴にならない為には、体調をくずさないこと、ストレスをためないことなど、日ごろから睡眠と栄養をたっぷりとって予防することが大切です。



必読!
慢性的な耳鳴りでお悩みの方は、根本的に解決する方法をご活用下さい
>> 詳しくはこちらのページをご覧下さい
大阪で唯一の耳鳴り・耳詰まり専門院

他にも、今すぐ取り組める対処法は以下がオススメです。



耳鳴りがスッキリ解消

症例1症例2

5分でできる耳鳴り対策

すぐに読むことが出来ます

※配信解除フォームはこちらにあります
耳鳴りやすらぐメール講座

お名前(仮名可)


メールアドレス


サイト運営:耳鳴り専門院(アステル心身調律院)
所在:大阪市淀川区十三東1−18−28−2F


【プライバシーポリシー】
当サイトではご利用者様のプライバシーを第一に考え運営しております。登録時に取得される個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しています。当該個人情報は法律的に必要が生じた場合を除き第三者に開示・提供する事はありません。