両側性特発性難聴

耳鳴り専門

突発性難聴は、厚生労働省の特定疾患に指定されている疾患で、原因不明で確実な治療法がない難病です。原因として考えられているのが内耳循環説とウイルス感染説です。

内耳循環説は振動を音に変換する機能をもつ内耳に血液が十分届かずに機能不全を引き起こすと考えられています。ウイルス感染説とは、はしかやインフルエンザウイルスが内耳に入り込んだことが原因と考えられています。

突発性難聴の症状は、軽度から重度の難聴と耳鳴り、めまいがほとんどで、耳鳴りやめまいを伴う患者は約半数いるとされています。ほとんどの場合は片側だけに発症しますが、まれに両耳に発症して進行性難聴である両側性特発性難聴を発症する場合もあります。

突発性難聴の患者はある日突然聞こえなくなるというショックと、外見的に障害が見られず周囲や職場の理解が得られないというストレスなど精神的負担も多い病気です。

突発性難聴の治療には、ステロイド薬の投与や血液の循環を改善する循環改善薬や血管拡張薬が使われます。

また、回復が見られない場合には、頸部にある星状神経節を麻酔薬で一時的に麻痺させて、内耳へ流れる血液を増やす星状神経節ブロックや、高圧酸素タンクのなかで高濃度酸素を吸入する高圧酸素療法が行われます。


ムンプス難聴

現在では、重篤な後遺症を残すような恐ろしい病気に対して、ワクチンで予防接種することが義務付けられていますね。
自分では予防接種をした記憶がなくても、生まれて3ヶ月以降から、お母さんが子供に計画的に予防接種を受けさせていたりするのです。

義務付けられていなくても、任意で受けた方がいい予防接種もあります。その一つに、おたふく風邪があります。おたふく風邪は、流行性耳下腺炎といって、ムンプスウイルスによるウイルス性の病気なのです。

現在では、予防接種により流行が治まっている傾向にあるようです。飛沫感染や、接触感染により感染してしまうので、子供が保育園や幼稚園に入る前に予防接種しておくと安心なのではないでしょうか。

おたふく風邪というと、わりと身近に感じる子供の病気なので、熱が出て顔が腫れて、一時は大変だけれども、誰もが通る病気というイメージではないでしょうか。

しかし、中には後遺症を残してしまう場合があるのです。無菌性髄膜炎になったり、突発性難聴(ムンプス難聴)になったり、成人男性では不妊症になる人もいるようなのです。熱が最小限で済むように注意することが必要なのではないかと思われます。

主な症状として、発症して2日くらいで6、7割の割合で顔が腫れるようなので、感染すれば比較的わかりやすい病気のようです。



必読!
慢性的な耳鳴りでお悩みの方は、根本的に解決する方法をご活用下さい
>> 詳しくはこちらのページをご覧下さい
大阪で唯一の耳鳴り・耳詰まり専門院

他にも、今すぐ取り組める対処法は以下がオススメです。



耳鳴りがスッキリ解消

症例1症例2

5分でできる耳鳴り対策

すぐに読むことが出来ます

※配信解除フォームはこちらにあります
耳鳴りやすらぐメール講座

お名前(仮名可)


メールアドレス


サイト運営:耳鳴り専門院(アステル心身調律院)
所在:大阪市淀川区十三東1−18−28−2F


【プライバシーポリシー】
当サイトではご利用者様のプライバシーを第一に考え運営しております。登録時に取得される個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しています。当該個人情報は法律的に必要が生じた場合を除き第三者に開示・提供する事はありません。