入院治療

耳鳴り専門

突発性難聴とはその名称の通り、突然起こる耳の聞こえづらさ、または聞こえなくなる症状です。

耳の病気などを患っていない健康な人に原因もなく突然起こります。

通常は片方の耳だけのことが多いようです。

50才から60才代に多いと言われていますが、最近では若年層にも見られるようです。男女差はないようです。

また、喫煙や飲酒、食生活においてもあまり因果関係はないものと思われまています。

ただ、野菜不足の患者さんが多いという傾向は見られるようです。

高熱の出るおたふく風邪、はしか、水ぼうそう、また胃腸炎や高血圧、糖尿病などを経験している方も患者さんの多くにみられるようです。

しかし、明確に断言できる原因は不明のようです。

ですから、どのような人がどのような状態で突発性難聴になるのかはわからないのが、現状のようです。ひとつ言えることは、発症した時に疲労感を持っていた人が多いということです。

精神的、肉体的疲労感から突発性難聴を引き起こしたと考えられるかもしれません。

難聴という症状があるということは、原因が何にせよ内耳循環の障害があるということです。

この循環を改善することが良いと判断された場合は血管拡張剤や抗凝固剤などの薬剤が使われるようです。

しかし治療に最も重要なのは安静だそうです。

発症前に精神的、肉体的疲労感(ストレス)を感じていた場合は、心身ともに安静にして、まずはストレスを解消することが大切です。

そして耳鳴りの程度によっては入院治療が必要な場合もあるようです。

自宅で安静にしていることでも改善はされるようですが、入院治療を受ければ家事や仕事の雑事から逃れることができますし、治療に専念できるでしょう。

毎日が忙しいかたは特に、入院治療が良いかと思われます。



必読!
慢性的な耳鳴りでお悩みの方は、根本的に解決する方法をご活用下さい
>> 詳しくはこちらのページをご覧下さい
大阪で唯一の耳鳴り・耳詰まり専門院

他にも、今すぐ取り組める対処法は以下がオススメです。



耳鳴りがスッキリ解消

症例1症例2

5分でできる耳鳴り対策

すぐに読むことが出来ます

※配信解除フォームはこちらにあります
耳鳴りやすらぐメール講座

お名前(仮名可)


メールアドレス


サイト運営:耳鳴り専門院(アステル心身調律院)
所在:大阪市淀川区十三東1−18−28−2F


【プライバシーポリシー】
当サイトではご利用者様のプライバシーを第一に考え運営しております。登録時に取得される個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しています。当該個人情報は法律的に必要が生じた場合を除き第三者に開示・提供する事はありません。