本文へスキップ

桑名正博さんの脳幹出血と耳鳴りのニュースを見て思うこと

症状の原因と治療を考察する

心身調律グループ

4日前のテレビ収録で耳鳴りがすると・・・blog

はてなブックマークに追加 Clip to Evernote 
耳鳴り耳鳴り原因耳鳴り治療耳がこもる聴覚過敏頭鳴り

耳鳴りと脳の病気に関して


 歌手の桑名正博さんが7月15日未明、ご自宅で倒れられて意識不明の重体であるというニュースを見ました。
 以前、私は大阪の上六界隈に住んでいたのですが(地元なんです)、そのマンションの向かい側の高級マンションに桑名正博さんが住まわれていると噂を聞いていました。その姿を一度も見たことはないので本当かどうかは知りませんが、そんなこんなで(どんなや...)関西の顔として桑名さんには親近感がありました。
 あと、ぐっさんのモノマネが印象的で、桑名さんの独特な歌い方を少しオーバーにした感じが非常に面白くて、自分でもついついモノマネをしてしまいます。正確には桑名さんをマネる、ぐっさんのマネなわけですが。。。

 そんな桑名さんのニュースを知った夜から数日経った頃、新たな情報が飛び込んで来ました。なんでも、「脳幹出血で倒れる4日前に、テレビの収録で耳鳴りがゴーンゴーンとして耳鼻科で診てもらったら、耳クソをキレイに掃除してもらってスッキリした」という情報がありました。(参照:スポニチhttp://www.sponichi.co.jp/
entertainment/news/2012/07/21/kiji/K20120721003722580.html

ムムム...と感じました。

 これを見て思ったことは、「耳鳴りは脳の血管性の病気が原因である」と印象を受ける人が非常に増えるのではないだろかということを感じました。つまり神経質に捉えがちな方の場合、耳鳴りを感じただけで「脳の病気だ」として不安にさいなまれないだろうかと心配になります。その不安感が余計に耳鳴りのエサになってしまうことが多々ありますからね。

 もちろん、そんなの関係ないから無視しろとは言いません。
おかしいなと感じたら速やかに耳鼻科に行って診察をしてもらいましょう。さらに正確な検査を望むなら、紹介状などを書いてもらって脳神経科に行くのも良いかもしれません。

 ただ、多くの耳鳴りにお悩みの方とコンタクトを取ってきて、脳の病気が原因でしたという明確な答えが出た人は、未だにお会いしたことがないんですよね。その理由も何となく想像出来るのですが、もし脳の病気が原因していたとしたら、耳鳴りだけではすまないだろうなと思うわけです。

 例えば今回のように重篤なご病状にいる桑名さんの場合でも、血管が破裂して初めて倒れるわけです。破裂前には必ず動脈瘤は存在しているとは限りませんが、仮に破裂前の動脈瘤があったとして、それが何かしらの神経を圧迫していたと仮定しましょう。それで症状が出るか?といえば、あまり考えられないようです。
 もし「圧迫している」と言えるほどの圧迫があり神経を阻害していた場合、脳の場合で言うと、まず脳圧がかかりますからガンガンに頭痛が起こるでしょうね。
 それは体の痛みとして現れるだけでなく、思考や言語、感覚器官にも影響してきますから、「耳鳴りだけ」と一筋縄にはいかないのかもしれません。

 癌でもそうなんですよね。気づいた頃には「末期です」というのが本来の状態のようです。つまり、行き着くところまで行かないことには「症状は出ない」という場合が多いようなのです。
 しかし、科学が発展したので「早期発見」という名目で、命を脅かす存在なのかどうかも判別できない状態で「癌です」と宣告して治療が始まります。そして苦痛との戦いが始まるわけです。苦痛って治療によって生まれたりするんですよね。
 知らなければ長く闘病するまでもなくポックリいってたかもしれないし、知らない間に治癒して何事もなく過ごしていたかも知れない。
 だけど、知ることによって、精神的なプレッシャーと共に治療という名のもと、「敵」との戦いが始まるわけです。戦いは苦しみを生みますから簡単にはいきません。

 私の祖母は92歳という大往生だったのですが、デッカイ癌を抱えながら、最後はスヤスヤと眠るように旅立っていきました。それも、癌で死んだのではなく完全な老衰でした。癌が発覚したのは食べ物が喉を通らず嘔吐し、一日で顔がむくんでからです。
 それまでは普通で、多少だるいのかな?程度で元気だったのですが、突然そんなことになったので医者嫌いでしたが強引に連れて行って診てもらったところ、胃の出口に大っきい癌が通り道を塞いでいて、食べたものが下に流れなくなっていたのでした。
 つまり、そんなになっても癌の苦痛は全く無く、「それ」があったから食事が流れなくなったという症状が出ただけで、癌そのものの痛みは何も無いんですよね。

 それで取りあえず治療と呼べる治療は「ステント」という管を広げる道具を入れるだけにしました。癌は残したまま、塞がっているところを通してあげた。本人には癌だと言うことを内緒にしました。
 もういつお迎えが来ても良いと言っていましたから、癌がどうたら言うことよりも、何の苦痛もないなら自然体に過ごしましょう、と。
それで最後はみんなに見守られながら眠るように旅立ちました。

 話しが脱線してしまいましたが、脳の中に出血を起こす血管があって、「それ」が原因で耳鳴りが発生しているとしたら、「耳クソを掃除してもらったら、スッキリスキスキ」とはいかないというわけです。
 「それ」を取り除かない限りスッキリはしないでしょう。仮にそれでもスッキリできるとしましょう。その理由はこうなりますよね。「原因は取り除けてないけど、気分的に掃除してもらって楽になったからスッキリしたのでは?」となりますよね。
 だとしたら尚更、耳鳴りは意識的な部分が原因していて、「それ」と「これ」とは別物になっていきますよね。
 ようは、耳鳴りを感じていた人が脳出血を起こしたということであって、肩こりを感じていた人が脳出血を起こしたというのと変わらないというわけです。つまり、それを原因だ、前兆だと過度に意識しすぎると、あれもこれも前兆でシグナルだと考えざるを得ないことだらけになりますよ、ということです。

 これを事前に発見しなかった医者がヤブだ!と言うと、お医者さんは本当に可哀想だと思います。何が起こるかなんて、そうそうわかることは無いんです。
 それが行きすぎてしまうことによって、現代社会と医学の現状を見ればわかるように、あれも病気・これも病気と沢山の原因不明病を言葉巧みに作り出して、予防予防という言葉ばかりが一人歩きし、私たちは少しの症状で将来の大病という妄想に怯えるようになるわけです。

 変だな?と思ったら、病院で診てもらうことは全然かまわない。
でも妄想ばかりを膨らませて、異常なしって所見で出ているのに、あれも病気これも病気で自分自身を病気の塊にしてしまうのは、自らで慢性症状の罠にはめられている場合もあるということを知っていると、何かと深くはまり過ぎなくて良いのではないでしょうか。


平成24年10月26日【追記】

7月15日から意識不明となっていた桑名正博さんですが、10月26日午後、入院先の病院で息を引き取られたそうです。脳幹出血から100日以上、意識の無いまま命を繋いでこられました。脳幹出血という病気からすれば、ある意味奇跡的な生命力だったそうです。

これからも桑名さんのロック魂は、みんなの心で生き続けることと思います。
ご冥福をお祈り致します。


はてなブックマークに追加 Clip to Evernote 


慢性的な耳鳴りでお悩みの方は、根本的に解決する方法をご活用下さい
>> 詳しくはこちらのページをご覧下さい

他にも、今すぐ治療を受けたい方は、以下がオススメです。


必見!
>>【神戸の】耳鳴り解消サロンはこちら

>>【名古屋の】耳鳴り解消サロンはこちら

>>【東京の】耳鳴り解消サロンはこちら

>>【沖縄の】耳鳴り解消サロンはこちら



耳鳴り改善【読む薬】


サイト管理人耳鳴りやすらぐ

耳鳴りやすらぐ読む薬-改善Web講座を運営しております山下です。

このサイトは15年以上にわたり、耳鳴りの原因とその解決方法を追求してきた管理人オリジナルの情報サイトです。

1万名以上の耳鳴りに悩むクライアントを通じて、解明されてきたポイントをありのままお伝えしています。運営企業


耳鳴り症状 音と種類/耳鳴りの原因/耳鳴りの治療、治療法/頭鳴り・脳鳴り/耳詰まり・耳がこもる/聴覚過敏/自律神経失調症/自声強聴/頭内爆発音症候群/突発性難聴/メニエール病/耳鼻科・耳鼻咽喉科/うつ病・鬱/耳管開放症/耳鳴りの薬、付き合い方/ステロイド 耳鳴り治療/睡眠薬・睡眠導入剤/肩こり・肩凝り/不眠・不眠症/小耳症/視床と耳鳴り/暗示型の難聴/補聴器難聴/交通事故・むち打ち/男性更年期障害/顎関節症/アゴのゆがみ/専門家コラム/芸能人ニュース/耳鳴り専門/体験談・感想/HPリンク/小顔矯正/整体・うつ病/堺市 整体 /守山市の整体/耳鳴りアンケート


耳鳴り外来・診療
上本町わたなべクリニック
〒543-0037
大阪市天王寺区上之宮町1-15
医師:渡邊章範
日本医師会認定産業医
日本医師会認定健康スポーツ医
学校医

耳鼻科・耳鼻咽喉科の耳鳴り外来
山川耳鼻咽喉科医院
〒107-0061
東京都港区北青山2-7-21 青山アイアイビル3F
医師:山川卓也
日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
日本気管食道学会認定医
日本耳鼻咽喉科学会代議員

高度管理医療機器販売
株式会社ラルゴコーポレーション
〒561-0853
大阪府豊中市服部南町1丁目7番20号
高度管理医療器等販売業・賃貸業
許可番号:4705号
医療機器修理業
許可番号:27BS200128


各地の耳鳴り専門院

兵庫・神戸

愛知・名古屋

沖縄・那覇

東京・国分寺