本文へスキップ

鬱病人としてのレッテル

提供:アステル心身調律院

病人のレッテル読む薬10錠目

はてなブックマークに追加 Clip to Evernote 

プチ鬱意識から本当の病人へ


お花の画像山下です。以前、あるテレビ番組でちょっと気になる話題がありました。 

どういう内容かと言いますと「プチ鬱」に関する話題が取り上げられていたのです。困ったことに・・・

※ 最先端の耳鳴りの消し方・止め方(限定)


病人のレッテル (プチ耳鳴り!?)


テレビ番組で「プチ鬱」なる話題が取り上げられていたのですが、困ったもんですね。最近ではこうした造語がやたらめったらに使われている感じがします。

「プチ鬱」というのは、どうやら鬱症状になりやすい傾向に当てはまることを意味するようです。(症候群まではいきません)

「プチ」という可愛らしい若者向けの言葉を使うことによって、病気を認識するにあたっての抵抗感を和らげ、鬱を、より身近なものに感じていただこうニュアンスなんだと思います。


しかし、プチ鬱なんて言い方をすると、余計に病人を増やしているだけだと思いませんか?プチ鬱度をチェックする項目がいくつかあったのですが、おそらくその項目に多数チェックしてしまう人は多いと思います。

私の妻なんて、6問中5個にチェックが入りましたよ(笑

人間生きている限り、泣いたり笑ったり怒ったり、必ず共通の感情を身につけています。それを深く掘り下げていけば、「私もこういうときあるある」といったことが、誰にでも出てくるものなのです。

私の妻は6問中5問が当てはまったと言いましたが、たとえそうした強い傾向が見えたとしても、必ずどこかでマイナスエネルギーを補うためのバランスを取っていたりするのです。


★病名を増やすことよりも、大切なこととは何か★

感情のギャップだけを取り上げて「プチ鬱」なんて言葉を使うことは、病人意識を強めてしまうだけだとは思いませんか?

医師が伝えるべきことは、こんな言葉を作って病人を増やすことが仕事ではないはずです。

病気に対する認識を高めることはよいことですが、もっと人々を励まし、力強く生きていただく後押しをすることだと思うのです。

「 あなたは病気なんかじゃない!だから大丈夫! 」

これくらいの言葉をかけて欲しいものですね。

あなたは自分に、出来るだけ「病人」のレッテルを貼りたいですか?

それとも、「病気なんてクソ食らえ!」と跳ね返したいですか?

間違っても「プチ耳鳴り」なんて言葉が作られないことを願うだけです。


耳鳴りにお困りの方の無料メール講座(対処方法プレゼント中)


今回のポイント

  • ポイント1

    現代医学は病気という概念を飯のタネにしている。柔らかいイメージを表現しても、その根っこは変わらない。入り口は入りやすく出来ていても、深くはまるとあれも病気これも病気と病人意識を増やすだけになってしまうこともある。
  • ポイント2

    耳鳴りも問題化して取り上げれば、いくらでも病気としての位置づけは深まっていく。たまに数秒から数十秒のあいだ耳鳴りが発生することは誰にでもある。しかしそれを問題化して、もし「それはプチ耳鳴りですね」と取り上げれば、それだけで「いけないこと」としての概念が生み出されていく。あまり言葉に翻弄(ほんろう)されないことも、私たちが自分の身は自分で守る秘訣である。

はてなブックマークに追加 Clip to Evernote 



嬉しいお便り、ご感想を有り難う御座います
 いつもご親切なメールを戴きありがとうございます。
今年70歳になりました。5年ほど前、抗がん剤の治療を受けた頃から、難聴になり、補聴器をつけても言葉をはっきり聞き取れないことがあり、落ち込んでいました。
 その上今年の6月ごろから、耳鳴りがするようになって、ますます落ち込んでいました。このまま治ることもないのかと思っていたところ、先生のメールを戴き勇気付けられています。耳鳴り対策プログラム、印刷して何度も読み返しています。ありがとうございます。(K様)
 今日三回目のメールが届きました。どうもありがとうございます。
気づきについて大変興味深く読ませていただいてます。昨日の呼吸に関しては、自分がしっかり呼吸していないのが良く分りました。耳鳴りは気にしないようにしていたのですが、たまたまインターネットでホームページを拝見して登録しました。今後とも宜しくお願いします。(A様)
 この内容を見て、なるほどと思いました。拝見させていただいて多少耳鳴りについて勉強させていただきました。又なにかあったら、ご相談させていただきたいと思っております。その節はよろしくお願い申し上げます。本当にありがとうございました。失礼いたします。 (B様)

※皆さんがご活用されている耳鳴り克服法 >>詳しくはこちら


耳鳴りやすらぐ改善講座、続きは以下で





そんなに効果が出るとは思っていなかったのですが、
以下の「耳鳴りやすらぐメール講座」は、

・読んでいるだけで耳鳴りが落ち着いた
・長年の耳の詰まりが通った
・聴覚過敏が和らいだ


といった、嬉しいお便りを本当に沢山頂いております。

なぜ、そのような不思議な現象が起こるのかというと、
ここでお届けする内容は、日常の慌ただしさの中、私たちが忘れかけていた
本当に大切な「気づき」について、お伝えしているからなのかもしれません。

いや、それが効果の本当の理由かは、わかりません。

ですが、確かに皆さん、このメールを読むだけで
なんだか心がホッと癒され、肩の力が抜け、前向きに生きる勇気が
出てきたと言って下さるんです。

そして、それと共に、本当に耳が楽になっていく。

メールをお届けしている私自身、本当にビックリしているくらいなんです。

あなたも、もし耳のトラブルでお悩みで、
どこに相談しても解決の糸口が見つからなくて、困っているならば、
ぜひ一度、以下のメール講座を利用してみて下さい。

ご利用は無料です。

メールを読んでいて、あまり役立たないと思われたら、
いつでも配信を停止していただくこともできますのでご安心下さい。

当サイトにある沢山の喜びのお便りと同じように、
あなたもきっと、治癒への可能性を掴んでいただけるはずです。

以下のフォームにお名前とメールアドレスをご入力して頂くだけで、
5分ほどでお届けいたしております。

【読者様のご感想】
「山下先生のアドバイスがなかったら本当に難病になるところでした。希望だけでも持ち続けられる気力が出てきました。」和田様

「読むことでなんだか安心するのですかね、耳の状態がすごくいいのです。不思議です。読むお薬と題してありましたがそのとおりだとおもいます。」桑原様

「説明にあったようにアルファ波が出ているのか、久しぶりに朝までグッスリ眠る事が出来ました」森様
耳鳴りやすらぐメール講座

お名前(仮名可)


メールアドレス


サイト運営:耳鳴り専門院(アステル心身調律院)
所在:大阪市淀川区十三東1−18−28−2F

【プライバシーポリシー】
当サイトではご利用者様のプライバシーを第一に考え運営しております。登録時に取得される個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しています。当該個人情報は法律的に必要が生じた場合を除き第三者に開示・提供する事はありません。

管理者画像

耳鳴りやすらぐ読む薬-改善Web講座を運営しております山下です。

耳鳴りの原因と治療を考えるサイト概要


このサイトは12年にわたり、耳鳴りの原因とその解決方法を追求してきた管理人オリジナルの情報サイトです。

1万名以上の耳鳴りに悩むクライアントを通じて、解明されてきたポイントをありのままお伝えしています。


耳鳴りの原因
視床と耳鳴り
耳鳴りの治療、治療法
耳鳴り症状 音と種類
メニエール病
暗示型の難聴
補聴器難聴
頭鳴り・脳鳴り
耳詰まり・耳がこもる
聴覚過敏
交通事故・むち打ち
頭内爆発音症候群
突発性難聴
耳鼻科・耳鼻咽喉科
うつ病・鬱
耳鳴りの薬、付き合い方
ステロイド 耳鳴り治療
睡眠薬・睡眠導入剤
肩こり・肩凝り
不眠・不眠症
男性更年期障害
顎関節症
アゴのゆがみ
風邪とインフルエンザ予防
睡眠時無呼吸は耳鼻科
気になるニュース。コラム
耳鳴り専門
体験談・感想
パサパサ髪 糖化 小顔矯正
整体・うつ病 堺市 整体
ヘッドスパ 小顔矯正 縮毛矯正
フェイシャルエステ 守山市の整体
TweetsWind