耳鼻科で突発性難聴は回復したが。。

耳鳴り専門

読む薬、お送りいただきありがとうございます。

私は3年くらい前に転職のおりに、ストレスで突発性難聴になりました。

すぐに耳鼻科に行き、幸いにして難聴はほぼ回復しましたが、キーンという

高音の耳鳴りと浮動性目まいが残りました。耳鳴り自体は生活上ほとんど

問題は無かったのですが、目まいにはずっと苦しめられてきました。

漢方薬を飲んでだいぶ良くはなったのですが、それでもふらつきがずっと

あり、実のところほとんど諦めていました。これとは一生付き合っていく

しかないのだろうと思っていました。ところが、先生からメールマガジン

をお送りいただき、読ませていただいて、自律神経の乱れによる慢性化とい

う指摘に、まさに気付きを見出しました。学習性無気力という言葉も大変

説得力があります。おそらく2回目くらいのメルマガを読ませていただいた

時点で、目まいは随分改善しました。今も少し目まいを感じることはあり

ますが、これは自分の気持ちの問題だと思うと、ひどくはならいです。

先生がおっしゃるように、精神と肉体は確かにリンクしているのですね。

大変重要な気付きをいただけたこと感謝しております。今後ともメルマガ

楽しみにしています。

整体の知識もあり

メールにて色々とアドバイス頂有難うございます。

当方、それほど酷い状態でもなく、医者にもかかっておりません。
この状態はなにか問題があるのかと思いネットを開いてみると
御社のコラムを見て非常に参考になりました。

耳鳴りを持っている方は非常に多い事もわかり、特別な事では
ないと知りましたらそれだけで通常時は聞こえなく?(気になら
ない)時がおおくなり、若干、整体の知識もありそれで直る事も
教わり(こちらはまだ試しておりませんが)ましたので 本当に
有難う御座います。


アルコールが耳鳴りに良くない

ご無沙汰しております。

耳鳴りが再発してしてしまい、再びご相談

させて頂いております。

毎回貴重なアドヴァイスを頂き感謝しております。



現在、耳鼻科で耳鳴り効くとされる

薬(ストミンA配合錠)を処方され、毎食後

服用して2週間になります。



1週間後耳鼻科に行くと、医師曰く

「耳鳴りは無くならないと思う」とのこと

これはショックでした。薬を処方しておきながら

何と無責任な言い方でしょうか。



医学的に見てそれが本当だとしても小職には

ショックでした。



医師によれば、薬により聞こえはよくなっているとのこと、

と申しますのも、耳鳴りのする左の耳が詰まった感じで聞こえが悪かったためです。



耳鳴りは少し和らぎましたが、これは薬のせいではなく

先生の仰る、「自律神経の改善」ではないかと思って

おります。今では薬は気休めと思っております。

気長に付き合うしかないのでしょうか。



アルコールが耳鳴りに良くないとのこと

一寸ショックですが、時々ビールを飲んでいますので

肝に銘じて程ほどにしたいと考えております。

有難うございました

音量が小さくなっている

山下先生いつも心強いメールを送っていただき有難うございます。
いつも楽しみに読ませていただいています。

私の場合は交通事故の外傷による圧迫骨折からくる背中の痺れもあってか、
耳鳴り治療もなかなか一筋縄にはいきませんが、、

以前よりは音量が小さくなっているかんじがし、少しほっとしています。

といいましても、
耳鳴りの症状も良くなったり悪くなったり日によってまちまちなのですが、

でも、先生のおっしゃるように そうゆう事に気をもまず、自然治癒力を高め直していきたいとおもっています。

先生からのメールも、すごく安心感をあたえて下さっています。

これからも私のように耳鳴りに悩んでいる多くの同胞たちの方の力になってあげてください。


鬱発症

今は耳鳴り対策マニュアルを読んでいます。

なるほど「怒り」を自分のなかに閉じ込めていたのか・・と

あらためて、感じています。この項目は目にうろこ、でした。

私の,うつ病発症も、閉じ込めた自分の感情の行く先が鬱という

病気に発展していったのだと感じました。

まだまだ、耳鳴りは、落ち着いたり、で出来たりを繰り返していますが、

体調の良い時は、本当に出できません。といってもすっきりすべて無くなったとい

所まで行きませんが、対策マニュアルを理解しながら、自分自身を縛りから開放してゆく
ことに

専念しようかと思っています。  この対策マニュアルが大変気持ちを楽にさせてくれま
した。

まずは、ご連絡まで。

脳できくから大丈夫

いつも、あたたかいご指導のメールを送っていただき、

どうもありがとうございます。

おかげさまで、しばらく気になって仕方がなかった耳の聞こえ方の

ちがいが、おかげさまで、このところ気にならなくなりました。

先生に送っていただいた第5回の「聞いているのは耳か?脳か?」を

読ませていただいてから、「これからもっと聞こえなくなっていったらどうしよ
う。」

という不安がなくなってきました。先生に、感謝しております。

「聞こえにくい。」と思ってきいたら本当に聞きとりにくいですけど、

「脳できくから大丈夫」と思ってきいたら聴き取れるような気がしています。

CDを繰り返し聞いていると一回目ではよく聞き取れなかった音が

二回目、三回目…と、聞く度に聞き取れるようになっていくのもわかりました。

おかげさまで、随分楽になりました。

 これからも、ご指導よろしくお願いいたします。

中耳炎になり

私小学校3年のころ、中耳炎になり神経がだめになり、
右耳がまったく聞こえなくなりました。いろいろ治療してみましたがだめでした。
耳鳴りはいつごろから発症したのかわかりません。レベル5前後だと思います。
 実は先生のブログを開いたとき、耳鳴りが少しやわらいだ感じがしました。
資料にしたがい実践しています。少し音が小さくなったきがします。
これからもよろしくお願いします。

イヤーマフ

いつもメッセージありがとうございます

3年程前から耳鳴りと聴覚過敏が始まり不安やあせりを持って過ごしてきました。

それ以前に、ことの始まりは隣家から出る音を不快に思いイヤーマフや耳栓を使い始めたことかもしれません。

ある日突然右耳の聞こえがおかしくなり、耳鼻科にかかると分からないから取りあえず突発性難聴に準じた処方します、と言われ
3日程で聞こえはほぼ正常に戻りましたが、耳鳴り、過敏が始まりました。

大学病院でも検査では耳鳴りの原因はわからない、耳の異常はないと。ただ一言「心理的なものかもしれません」と。
その言葉を聞いて「ばかな」と思いました。

不快な音、私の場合は食器や買い物袋をクシャクシャさせる音、流水音、モーター音、単純に大きな音、乗り物のアナウンス、などなど
それらをことごとく避けるために耳栓をしイヤーマフをしていました。

最近ではそうしていてもそれらの音に敏感で、もう耳がヒリヒリ痛い感じでした。

山下さんのホームページを見る前に自分でももしかしたらと思っていたのです。
もしかして、もしかすると防音具を使っていることが悪いのではないかと。

それはあなた様の書かれていたことを見てほぼ確信に変わりました。

さっそくいっさいの防音具を使うのを止めました。

その日からです。 耳のヒリヒリが劇的に少なくなりました。

いまだに日によって目まぐるしく調子は変わるのですが、以前に比べるとずっと楽です。

いただくメッセージにも励まされています。

ありがとうございます。


器質的な故障でなく

Webサイトで耳鳴りを検索して山下先生のサイトを見て早速、耳鳴り対策プログラムの
登録させいただき今回で13回目となりました。

山下先生、毎回メールありがとうございます。メールマガジンは大変啓発されました。

私は、頭鳴りだけですので、器質的な故障でなく、やはりご指摘のように、精神的なものから来た自律神経失調だと思います。また、耳鳴りを気にしないことと書かれた文面で自分自身の一日の行動を振り替えてみました。
自分の好きなことや仕事をしている時は耳鳴りが無く、ある物を考えごとや文章を書く時になります。
耳鳴りがしても気にしないように心掛けることにしてから、少し気が楽になりましてその後
は耳鳴りをあまり気にならなくなってきました。



必読!
慢性的な耳鳴りでお悩みの方は、根本的に解決する方法をご活用下さい
>> 詳しくはこちらのページをご覧下さい
大阪で唯一の耳鳴り・耳詰まり専門院

他にも、今すぐ取り組める対処法は以下がオススメです。



耳鳴りがスッキリ解消

症例1症例2

5分でできる耳鳴り対策

すぐに読むことが出来ます

※配信解除フォームはこちらにあります
耳鳴りやすらぐメール講座

お名前(仮名可)


メールアドレス


サイト運営:耳鳴り専門院(アステル心身調律院)
所在:大阪市淀川区十三東1−18−28−2F


【プライバシーポリシー】
当サイトではご利用者様のプライバシーを第一に考え運営しております。登録時に取得される個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しています。当該個人情報は法律的に必要が生じた場合を除き第三者に開示・提供する事はありません。