自律神経失調症を知っておこう!

耳鳴り専門

自律神経失調症がどのようなものかを知るためには、自律神経の働きを知ることがいちばんです。

自律神経は交感神経と副交感神経から成立している神経です。

これは人間の体の機能の内、人間の意思ではどうすることもできない部分のそれを担っています。

たとえば血流や栄養の吸収、各臓器の働き、各種ホルモンの分泌などがその一例としては挙げられます。

こうした働きと言うのは、人間の健康や美容にとても大きな役割を果たしています。

自律神経失調症とは、この自律神経の働きが乱れることで、こうした働きに影響がもたらされ様々な不調症状が引き起こされると言う状態のことです。

自律神経失調症によって引き起こされる症状は、実に多岐にわたります。代表的なものではほてりや不眠、微熱、耳鳴りなどが挙げられます。

ただ命の危機に直結すると言う病気ではありません。



しかし倦怠感や疲労感、強い悲壮感や憂鬱状態にとらわれることもあるので、油断は禁物です。また心臓神経症やめまい、メニエールなどの病気は、自律神経失調症が原因であることもあります。

自律神経の働きは、通常であれば日中や活動時には交感神経が、リラックス時や就寝前には副交感神経が優位になるようになっています。では何を原因としてこの働きが乱れるのかと言うと、まずひとつにはストレスが挙げられます。

強いストレスを感じ続けていると、体は緊張状態を強いられるため、交感神経が常に優位になりやすくなってしまいます。それからもうひとつは、生活リズムの乱れです。

自律神経の働きは、朝と夜、明と暗によって調節されている部分が大きくあります。そのため夜になっても強い光を浴びていて、眠りにつく時間が遅いとか、毎日、朝、起床する時間がばらばらだと言う場合には、自律神経は乱れやすくなります。

ストレスにより交感神経が優位になり続けると、夜になっても眠りにつきにくくなってしまいます。するとそれにより生活リズムが乱れ、ますます自律神経の働きが乱れると言うことも考えられます。

よってストレスとは適度な距離を保つことが重要です。そして心身に不調が見られた場合には、できるだけ早くに医師に相談することが求められます。



必読!
慢性的な耳鳴りでお悩みの方は、根本的に解決する方法をご活用下さい
>> 詳しくはこちらのページをご覧下さい
大阪で唯一の耳鳴り・耳詰まり専門院

他にも、今すぐ取り組める対処法は以下がオススメです。



耳鳴りがスッキリ解消

症例1症例2

5分でできる耳鳴り対策

すぐに読むことが出来ます

※配信解除フォームはこちらにあります
耳鳴りやすらぐメール講座

お名前(仮名可)


メールアドレス


サイト運営:耳鳴り専門院(アステル心身調律院)
所在:大阪市淀川区十三東1−18−28−2F


【プライバシーポリシー】
当サイトではご利用者様のプライバシーを第一に考え運営しております。登録時に取得される個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しています。当該個人情報は法律的に必要が生じた場合を除き第三者に開示・提供する事はありません。