耳鳴りを徹底解剖!東洋医学(整体)や西洋医学から見た耳鳴りの検査法とは!?

耳鳴り専門

耳鳴りは誰にでも起こる症状ですが、耳鼻科の受診が必要な耳鳴りもあるのです。

耳鳴りは体調不良や寝不足などでも起こる症状で、体力が戻ってくることで自然に改善したり、一時的な場合は耳鼻科の受診は必要ありませんが、気になって日常生活に支障がある場合には耳鼻科を受診します。

耳鼻科を受診すると医師に自分の症状を伝えますが、自分の症状は医師に聞かせることはできないため、受診の事前準備としてメモなどに症状をまとめておきます。

いつから耳鳴りが始まったか、どちらの耳に起きているか、音はキーンとするなど擬音を使って具体的にあらわします。またどのような時に悪化するか、どれくらいの大きさかであるかなどの症状を具体的にまとめます。

耳鼻咽喉科では、原因を特定するために検査を行ないます。一般的には異物や耳垢がないか、炎症や鼓膜に異常がないかなどを確認して、鼻などに炎症がないかを調べます。

外耳炎や中耳炎である場合はこの検査で原因がわかります。

耳の機能を調べるには、鼻から音を入れて中耳と鼻をつなぐ耳管の閉塞機能を調べる耳管機能検査、鼻から耳管に細い管を入れて空気の通りを調べる耳管通気法、耳の中に空気圧をかけ鼓膜が正常に振動するかを調べる方法もあります。

耳鳴りがする場合は自覚がない状態でも突発性難聴になっている可能性があるため、難聴の有無を調べたり、耳や首の異常で起こる場合もあります。

骨の異常を調べるためにX線検査をしたり、耳なりの程度や性質を調べるために、いくつかの周波数の純音や雑音を流して耳鳴がどの高さかを調べたり、大きさを調べるために検査した周波数の音を最小値から大きくしていき近い大きさの音を選ぶ検査などもあります。

急に耳鳴を起こすこともありますが、1日以上その症状が続いたり、突然の耳鳴、何度も繰り替えす耳鳴、日常生活で気になる支障がでるような耳鳴がある場合は、放置せずに耳鼻咽喉科を受診して原因を特定するための検査をすることが改善のためにも良い選択となります。

整体による耳鳴りの検査法

耳鳴りが原因でこれまでと同じような生活ができなくなり、病院に行って検査して頂いたものの、解決に結びつくような結果が得られないとして悩む方は多いです。

病院で検査を受けると念のため薬剤が処方されるのですが、健康のことを考えるとできるだけ飲みたくないと感じるものですし、効能が感じられないこともあります。

そういった時、少し目線を変えて整体に行って耳鳴りの症状について相談してみるのも良いでしょう。

はっきりと要因がわかっていない耳鳴りですが、比較的信憑性が高いのはストレスです。

自律神経が耳鳴りのきっかけになっているのなら、病院で検査を受けても異変が感じられないですし、投薬で良くなることもありません。そのため、当事者はもちろんですが医師達も考え込んでしまう事が無くなります。

医療機関でさえ治らなかった耳鳴りが整体で治るという事が信じられない方も多いのですが、実は嘘のように良好になったという意見を述べる方も少なくありません。

当然、整体に通えば全員が良い様子になるわけではないのですが、身体と心がリラックスした気持ちになるので、大きな関係性のある疲労が無くなります。

そういった点から、かつてどういった治療を繰り返してきても良くなる気配が感じられなかった変調が感じなくなるのです。

このような実情から整体にお世話になって様子を見るというのはとても良い方法なのですが、完治したという判断を自分で行ってしまうのはリスクがあります。

根治の判断というのは最終的に医療関係者が下すことになるので、素人が自己解決すると再び体調不良になります。
耳鳴りはこれほど技術が高くなっているのにも関わらず、ピンポイントで問題点が特定できない難しい課題です。

しかし、ピンポイントで原因を突き止めることができないからこそ、あらゆる手段が使えるというわけです。
つい医療技術に頼ってしまうことになるのですが、整体といった少し変わった選択をしてみても良いのです。

脳神経外科による耳鳴りの検査

耳鳴りとは、外で音がしていないのにも関わらず、音が聞こえる状態で、実際には音がない自覚的耳鳴と、患者の体の耳付近や耳管などで何らかの音がしていて聞こえる他覚的耳鳴があります。

自覚的耳鳴は、内耳から脳に至る聴覚経路のどこかで、外からの音入力に関係なく、神経が活発かされることで生じると考えられています。

特に、この耳鳴りは、外界が静かになる夜や早朝に大きく感じるのが一般的となっています。

また、聴覚過敏や突発性難聴、メニエール病、音響外傷などの病気に伴って起こることが少なくありませんが、加齢に伴って生じたり、難聴を伴わずに、耳鳴りが単独で生じる場合もあります。

耳鳴りの治療は、原因となっている病気がはっきりとしている場合には、その病気を治療することが必要です。
ただ、多くの場合原因がわからないため、さまざまな治療を試みることになります。

一般的にしようされるのは、内耳や脳の血液循環を改善する薬や、精神安定薬、筋肉の緊張を和らげる薬などの薬物療法ですが、そのほかにも、鼓室への副腎皮質ステロイド薬の注入や局所麻酔薬の静脈注射などの有効性も報告されています。

耳鳴りは、精神的な緊張やストレスによっても起こることが多いため、心理的なアプローチも重要で、好きな音楽を聴くなどして、耳鳴りを緩和することも治療法といえます。

一般的に、耳鳴りが起こった場合、耳鼻科を受診する人が多いと思いますが、耳鼻科にいっても異常なしといわれる場合があります。
そういった場合には、脳神経外科で検査をしてもらうとよいでしょう。

特に左右どちらか一方で、脈拍に一致した耳鳴りは、脳神経外科での検査が必要かもしれません。

両側に症状がある場合は、高血圧によるものが多く、明らかな異常がなく原因が不明な場合は、症状に対する本人の執着が、脳に学習させて症状が継続している場合もあります。

検査方法は、MRIやABRなどの機器を使って、精密な検査を行って上で治療を行っていきます。
脳腫瘍や脳梗塞、脳神経腫瘍などの重大な病気が原因の場合もありますから、気になる場合には、早期に受診しましょう。

東洋医学からみた耳鳴りの原因と治療

東洋というくくりは多様ですが、現在に確立している東洋医学は漢方医学と鍼灸医学です。漢方医学は薬物療法の一種であり、鍼灸医学は物理療法の一種となります。

耳鳴りという症状には古い歴史があり、最も古い歴史では古代エジプト時代に医学について書かれた紙に残されています。

この紙はエーベルス・パピルスと呼ばれており、ここに呪文にかけられた耳と称された内容があります。メソポタミア文明に残された粘土板には囁く・話す・歌うという音の分類があり、それぞれ別の治療法を行っていたとされます。

古代インドではアーユルヴェーダの見方で耳鳴りのことが明らかになり、同じ頃に中国でも耳鳴りが認知されるようになります。しかし、当時は陰陽の混乱が原因とされていたようです。

古代オリエントでは神秘主義の思想があったため神に対する強い感受性のせいとされましたが、古代エジプトでは耳が壊れているとされオイルなどを耳に注いで治療していたとされます。

古代の東洋医学では、それぞれの地域で発展していた考えや思想をもとに原因を特定して治療を行っていたといわれています。

現代は耳鳴りで悩む人が多いとされますが、古代や昔に生きていた人の中にも耳鳴りで悩む人は多かったようで、その証明として残されている資料が多くあります。

現代に於く耳鳴りに対する東洋医学では、治療の前に精密検査を行うことが勧められています。耳鳴りの原因としては耳か神経が多く、耳の場合は耳の疾患、神経の場合はストレスや自律神経が乱れている可能性が考えられます。

疾患の場合は医師による治療が必要ですが、神経の問題は東洋医学に属する民間療法(鍼灸やツボ押しなど)でも改善が図れます。

ただ、民間療法士は医師のような診断や疾患を治すことを表現してはいけないことが定められているため、ちゃんとした検査を行った後に施術を受けた方が適切です。

検査の段階で耳鼻科では異常がみられない場合はストレスが原因の可能性が高いので、心療内科に行く手段もあります。民間療法で改善を図る際は、信頼性のある民間療法士に施術してもらうと良いです。



必読!
慢性的な耳鳴りでお悩みの方は、根本的に解決する方法をご活用下さい
>> 詳しくはこちらのページをご覧下さい
大阪で唯一の耳鳴り・耳詰まり専門院

他にも、今すぐ取り組める対処法は以下がオススメです。



耳鳴りがスッキリ解消

症例1症例2

5分でできる耳鳴り対策

すぐに読むことが出来ます

※配信解除フォームはこちらにあります
耳鳴りやすらぐメール講座

お名前(仮名可)


メールアドレス


サイト運営:耳鳴り専門院(アステル心身調律院)
所在:大阪市淀川区十三東1−18−28−2F


【プライバシーポリシー】
当サイトではご利用者様のプライバシーを第一に考え運営しております。登録時に取得される個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しています。当該個人情報は法律的に必要が生じた場合を除き第三者に開示・提供する事はありません。