本文へスキップ

耳鳴りのストレスと不安 - 耳鳴りの読む薬6錠目

症状の原因と治療を考察する

心身調律グループ

ストレスからだろう読む薬6錠目

耳鳴り耳鳴り原因耳鳴り治療耳がこもる聴覚過敏頭鳴り読む薬


耳鳴りの原因の定番?

イメージ

山下です。これまで耳鳴りの原因として体に現れる異変や、それに関わる心の作用などについても深く掘り下げてお話ししてまいりました。

これらを通じた結論を言うと、症状の根底には「心」と「体」の密接な関係によって引き起こされている事実があるということです。

※ 最先端の耳鳴りの消し方・止め方(限定)


耳鳴りの原因を「体の異常」ばかりにとらわれるのではなく、もう少し視野を広げて見つめ直していくことで、治癒への可能性を大きく見出せるようになるということですね。


『検査では異常がないから、ストレスからだろう』


あなたもこんな事を病院の先生に言われたことはありませんか?
先生に「ストレスからだろう」と言われて、「そうかぁ、ストレスもたまっているしなぁ・・・」とか、「いやいや、私はストレスなんて感じない!」という程度で終わっていた感じはありませんか?

実は、そこに大きな問題点が隠れていることがあるのです。

現代病の90%近くは、心理的影響が深く関係していると言われています。

しかしそれは、生きている限り当然のことなのです。
耳鳴りが辛いと感じるのも「心」であり、それがストレスとして無意識に蓄積される場所も「心」なわけですから。。。

にもかかわらず、実際、私たちはそのストレスに対する対処法をあまり知りません。

知っていることと言えば、「運動して汗を流すこと」や、「好きなことに没頭すること」等、これぐらいではないでしょうか。

もう一度思い出してみてください。

どれも、ストレスを忘れるために体を動かしたり「忘れよう」「考えないでおこう」と言った、ストレスから逃げる方法ではなかったでしょうか?

でもこれでは、本当に耳鳴りを慢性化させているストレスに打ち勝っているとは言えないのです。


人間の脳は、まだ4%程度しか使われていないことは何かで聞いたことがあると思います。実は、自分ではストレスを発散したり、溜め込んでいないつもりでも、脳はしっかりとそのストレスを記憶しているのです。

つまり、心のゴミ箱にストレスをポイッと捨てたつもりでも、やがてそのゴミ箱の中もあふれ、それが自律神経を乱して耳鳴りを慢性化させる要素となってしまうと言うことです。

ゴミ箱の中身をスッキリさせる方法を知らなくてはいけません。
「心」と「体」の両方を重視して、その両輪からケアしていく事が、最も治癒への近道だと言えるでしょう。

ストレスの根が深い方、なかなか自分一人では解決するのが困難な方は、ここで一歩前進して積極的な対策に取り組んでみられてはいかがでしょうか。私はそのためのサポートも実施しておりますので、是非ご検討下さい。(サポートはこちら


ストレスの解消


先にも書きましたように、ストレスというのは運動したり何か没頭できるような事に取り組んだとしても、実際には解消される事はありません。

そのやり方では何が起こっているのかというと、「ストレスを見ない」ということをおこなっているだけなのです。

例えば想像してみて下さい。

職場のストレスという塊がここにあります。

休日、あなたは友達とテニスをして楽しい時間を過ごしています。
職場のことなんかすっかり忘れてテニスに夢中です。その楽しい時間もあっという間に時間が経ち終了です。

「はぁ〜、終わった。また明日から仕事だよ。。。」

ね?

ストレスの「場」というのは何も変わっておらず、あなたは「意識」として、いつものストレスとは違う環境に目線を向けて、時を過ごしただけだったというわけです。

だからまたいつもの場所に帰ってくれば、いつものようにストレスの波に押しやられる毎日を過ごさなくてはならなくなるわけです。最初はこれで何とか乗り越えられても、ストレスの怖いところは、上手く浄化できていないと、その塊はどんどん大きくなって、ますます勢力を増してくる場合がある事です。


趣味やスポーツで「充電した」と捉える人もいます。それはそれで良いことです。

でも浪費するための充電なんて、なんか悲しくありません?
充電してはまた使い、充電してはまた使い。充電出来なかった時は恐ろしくて想像するのもイヤになっちゃいますね(苦笑

本当は、ストレスはもっと素晴らしいやり方で消去していくことができるのです。

なぜ「素晴らしい」のかと言うと、今まで敵だと思っていたストレスが、実は自分を成長させてくれるエネルギーになる、という素晴らしい素質を持ち合わせているからです。

ストレスの本質とは「刺激」のことを言います。刺激ですから、悪い事ばかりではなく、良い事もみんな実はストレスなんですね。環境刺激もストレスです。

つまり、ストレスは「空気と同じ」無くてはならないものでもあるのです。
そうした刺激によって、私たちは色んな事を学び成長しているというわけです。

ここで重要なポイントとして、敵だと思っていたストレスを味方に変えるにはどうすれば良いのか?ということですね。そのポイントは「自らの固定観念に気づく」ということが重要になります。

例えば人間関係などでストレスを感じているとき、なぜそこにストレスを感じると思いますか?

それは、あなたの中に相手を通して「こうあるべき」「こうした方がいい」「なぜ、いつもそうなの!」といった価値観で相手を意識してしまうと、そこからストレスが生まれるんです。

自分の価値観にそぐわない態度や行動を取られると、誰でも腹が立ちますよね?
でも、それが成長の分かれ道であり、大きなヒントになっているんですね。

人は誰でも「自分が絶対正しい」という思いを抱えています。ですから相手を批難するとき、自分が正しくて相手は間違っていると判断しがちです。でも本当は正しいも間違いも何も無く、それを判断する一人一人別々の捉え方が転がっているだけなのです。

ですから、ある人はその状況を何とも感じずストレスとも思わない場合もあれば、ある人は同じ状況を見て物凄く怒りを感じる人もいるわけです。

そこに抵抗感が沸き上がりストレスを感じている場合は、あなたの固定観念がしっかりと浮き上がってきている絶好のチャンスでもあります。そのときに、いかに反対の捉え方も受け入れられるようになるかがストレス解消のポイントになるわけです。

延々とストレスから目を背けて繰り返しの人生を送ることもまたヨシです。それが悪いわけではありません。でも少し、こんな繰り返しの人生に疲れてきた人は、ここいらで、ストレスというものを味方につける「知性」を身につける方向で今後の人生を見直してみられる事も、ご自身の可能性が色んな広がりにつながっていきますよ。


今回のポイント

  • ポイント1

    ストレスの解消に運動や趣味で時間を潰すことは余り役に立たない。それは単にストレスから目を背けているだけであり、ふと我に返るとストレスが更に大きな塊になってしまうこともある。
  • ポイント2

    ストレスの生みの親は他人でも環境でもなく、自分自身の固定観念がストレスの生みの親である。目の前で起こった現象をどう捉えるかによって右にも左にも向かう。ストレスは空気と同じで生きていく糧となるものである。ストレスと向き合い自らの固定観念を打ち壊していくこともまた、自らの可能性を広げる人生の醍醐味なのである。


耳鳴り改善の読む薬。続きは以下で


サイト管理人耳鳴りやすらぐ

耳鳴りやすらぐ読む薬-改善Web講座を運営しております山下です。

このサイトは15年以上にわたり、耳鳴りの原因とその解決方法を追求してきた管理人オリジナルの情報サイトです。

1万名以上の耳鳴りに悩むクライアントを通じて、解明されてきたポイントをありのままお伝えしています。運営企業


耳鳴り症状 音と種類/耳鳴りの原因/耳鳴りの治療、治療法/頭鳴り・脳鳴り/耳詰まり・耳がこもる/聴覚過敏/自律神経失調症/自声強聴/頭内爆発音症候群/突発性難聴/メニエール病/耳鼻科・耳鼻咽喉科/うつ病・鬱/耳管開放症/耳鳴りの薬、付き合い方/ステロイド 耳鳴り治療/睡眠薬・睡眠導入剤/肩こり・肩凝り/不眠・不眠症/小耳症/視床と耳鳴り/暗示型の難聴/補聴器難聴/交通事故・むち打ち/男性更年期障害/顎関節症/アゴのゆがみ/専門家コラム/芸能人ニュース/耳鳴り専門/体験談・感想/HPリンク/小顔矯正/整体・うつ病/堺市 整体 /守山市の整体/耳鳴りアンケート


耳鳴り外来・診療
上本町わたなべクリニック
〒543-0037
大阪市天王寺区上之宮町1-15
医師:渡邊章範
日本医師会認定産業医
日本医師会認定健康スポーツ医
学校医

耳鼻科・耳鼻咽喉科の耳鳴り外来
山川耳鼻咽喉科医院
〒107-0061
東京都港区北青山2-7-21 青山アイアイビル3F
医師:山川卓也
日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
日本気管食道学会認定医
日本耳鼻咽喉科学会代議員

高度管理医療機器販売
株式会社ラルゴコーポレーション
〒561-0853
大阪府豊中市服部南町1丁目7番20号
高度管理医療器等販売業・賃貸業
許可番号:4705号
医療機器修理業
許可番号:27BS200128


各地の耳鳴り専門院

兵庫・神戸

愛知・名古屋

沖縄・那覇

東京・国分寺