本文へスキップ

耳鳴り症状を抱えるリスクとは? - 耳鳴りの読む薬15錠目

症状の原因と治療を考察する

心身調律グループ

症状を抱えるリスク読む薬15錠目

耳鳴り耳鳴り原因耳鳴り治療耳がこもる聴覚過敏頭鳴り読む薬


耳鳴りは放置でよい

イメージ

山下です。「このままでは良くない」「少しでも今の状態を軽減させておかなくては」等々、少なからず将来の健康に対する不安があることと思います。

でも実際のところ、耳鳴りを放っておいたらどうなるの?ということですが、私の考えは「耳鳴りを放置しておくこと自体は、構造的に何も問題はない」と考えています。

※ 最先端の耳鳴りの消し方・止め方(限定)


聴力をどんどん弱らせるとか、もっと言えば、耳鳴りが癌を作り出すとか、脳腫瘍を発生させるとかそういった根源にもならないと考えます。しかしこれは、あくまでも体に影響する問題点だけを見た、浅はかな考えでの話しです。

現実的には、長く症状が続くということは、それだけ精神的に耳鳴りに対する様々な思いが絡んできますので、その状態が無意識のうちに足を引っ張るようになるわけです。


ネガティブ習慣がますます体を弱らせる


足を引っ張ると言うことは、カラダには良くないマイナス思考に陥りやすくなり、結果的にその分、症状の原因を作り出すマイナス因子が体面に反映されることにつながるのです。

問題は、耳鳴りが完全に消えてしまうまで戦わなくては、あなたの将来の健康が脅かされると言うことではなくて、「いかに今の状態を理解し、症状がある自分を受け入られるか」です。

症状に悩まされたり支配される様なことが無くなると、たとえ症状が残っていたとしても、それが体を弱らせるということはなくなるでしょう。

つまり、耳鳴りを消す・消さないに必死になるよりも、まずは「共存」するスタンスに立つのです。

症状を抱えながらでも、いかにして自分らしく、そして悩まされることなく快適に生きてゆけるかを問いかけ、考えるのです。

するとどうでしょう。あれほど酷い状態だった症状も、いつの間にかまったく気にならなくなり、改善・緩和・解消へと近づくことでしょう。

答え(結果)は必ずあなたの目の前にやって来ます。

考える力がある人間だからこそ出来る「特権」を存分に発揮して、心身をコントロールし、症状に負けない肉体を手に入れましょう。


今回のポイント

  • ポイント1

    耳鳴りは放置しても何も起こらない。
  • ポイント2

    症状に対するネガティブな考え方が、体を弱らせ、思った通りの悪い方向に結果を引き寄せてしまう。すべては自分自身の意志の赴くままの結果が今あるだけ。


耳鳴り改善の読む薬。続きは以下で


サイト管理人耳鳴りやすらぐ

耳鳴りやすらぐ読む薬-改善Web講座を運営しております山下です。

このサイトは15年以上にわたり、耳鳴りの原因とその解決方法を追求してきた管理人オリジナルの情報サイトです。

1万名以上の耳鳴りに悩むクライアントを通じて、解明されてきたポイントをありのままお伝えしています。


耳鳴り症状 音と種類/耳鳴りの原因/耳鳴りの治療、治療法/頭鳴り・脳鳴り/耳詰まり・耳がこもる/聴覚過敏/自律神経失調症/自声強聴/頭内爆発音症候群/突発性難聴/メニエール病/耳鼻科・耳鼻咽喉科/うつ病・鬱/耳鳴りの薬、付き合い方/ステロイド 耳鳴り治療/睡眠薬・睡眠導入剤/肩こり・肩凝り/不眠・不眠症/小耳症/視床と耳鳴り/暗示型の難聴/補聴器難聴/交通事故・むち打ち/男性更年期障害/顎関節症/アゴのゆがみ/専門家コラム/芸能人ニュース/耳鳴り専門/体験談・感想/HPリンク/小顔矯正/整体・うつ病/堺市 整体 /守山市の整体/耳鳴りアンケート


各地の耳鳴り専門院

兵庫・神戸

愛知・名古屋

沖縄・那覇

東京・国分寺