本文へスキップ

ストレスの本質と耳鳴りの関係 - 耳鳴りの読む薬16錠目

症状の原因と治療を考察する

心身調律グループ

欠かすことの出来ない存在読む薬16錠目

耳鳴り耳鳴り原因耳鳴り治療耳がこもる聴覚過敏頭鳴り読む薬


ストレスは耳鳴り克服には欠かせない

イメージ

山下です。ストレスの重要性を余り知らない方は多いようです。

そうなると、いかに上手くストレスと向き合って生きていくかと言うことも、よくわからなくなります。

※ 最先端の耳鳴りの消し方・止め方(限定)

ストレス対策として知っていることと言えば、「運動して汗を流すこと」「好きなことに没頭すること」これぐらいではないでしょうか。

よくよく考えてみると、どれもストレスを忘れるために体を動かしたり、
「忘れよう」「考えないでおこう」と言った、ストレスにフタをして見なくしている方法ばかりではいでしょうか?

でもこれでは、本当にストレスが解消されているとは言えないのです。
人間の脳は、まだ数%程度しか使われていないことは何かで聞いたことがあると思います。


記憶と共にストレスのエネルギーは蘇る


ここは重要なので聞いておいてください。

実は、自分ではストレスを発散したつもりでも、脳はしっかりとそのストレスを記憶しているのです。

つまり、心のゴミ箱にストレスをポイッとしたつもりでも、やがてそのゴミ箱もあふれてきてしまって、それが自律神経を乱す要素となってしまうと考えられるのです。

そして、自然界には作用と反作用の法則がありますが、人間の感情にもこの法則に似たものがあります。

例えば、いきなりですが

「リンゴを思い浮かべないでください!!」

・ ・ ・ ・ ・

・ ・ ・

・ ・




どうですか?

そういわれても、思い浮かべてしまいますよね?

これが感情に当てはめた場合の作用と反作用の法則といわれるものです。

耳鳴りを意識しないでおこうとすればするほど、その裏では、耳鳴りを意識してしまう自分が同じだけふくれあがってきます。

意識する・しないは、自然なものですので、これを止めることは出来ません。意識しないでおこうと思った瞬間から、意識することが始まっているわけですからね。ですからまず一呼吸おいて、今ある状態を受け入れる気持ちを作らなくてはなりません。

そして、その状態を「忘れよう」「考えないでおこう」とするんじゃなくて、ストレスの見方、感じ方をプラスのチカラに変えて、上手に共存する習慣を身に付けることが望ましいのです。

その方法の第一歩として、まずは過去の出来事、現在の出来事でストレスとなりうるものを、紙やノートに洗いざらい書き出してみましょう。

きっちりと書かなくても良いです。殴り書きでかまいませんので、心に引っかかっている問題やストレスになっているであろう出来事などを適当に書き出しましょう。

書いたらそのまま一晩、枕元において寝かせましょう。そして次の日に、書いた内容をもう一度振り返るように、じっくりと読んでみてください。

一見この地味な作業も、実は自分自身を客観的に見つめることに繋がるわけです。

一歩下がって自分自身を見つめ直すことで、冷静さを取り戻し、それと同時に交感神経の緊張が和らぎ、症状の緩和に役立つとされています。


意識的な心がけ。見つめ直す習慣


※しかし問題はここからです。

ストレス、ストレスと言っていますが、中にはこのストレスについてとても鈍感になってしまっている人も決して少なくありません。

どう言うことかというと、とてつもなく強いストレスや、四六時中ストレスにさらされている人は、もう自動的にストレスを感じない体質になってしまう傾向にあるのです。

そんな状況に陥っている人からは、必ずといっていいほど以下のような言葉が聞かれます。

「ストレスと言われても、私は普段からあまりストレスを感じたことがない」

一見、ストレスを感じなくなってとてもラッキーじゃないか、と思う方もいらっしゃるかも知れません。しかしそれは、ストレスというものをマイナスにしか捉えていない発想なのです。

ストレスは生きていく上で必ず存在し、自己成長には欠かすことの出来ないものでもあるのです。

ストレスを感じるからこそ、次へのステップアップが可能となり、ハードルを越えた後の自己の成長を実感することができるのです。

でもストレスを感じなかったらどうでしょうか。
越えるべき問題点が見つからずに、いつまでもそのハードルを越えることが出来なくなってしまいます。

耳鳴りには耳鳴りのストレス、つまり越えるべきハードルが必ず存在します。これを感じ取ることはとても大切なことなのです。

症状を作り出しているストレスと聞いて、なかなか感じ取ることが出来ない方の中には、意外と社長業や役員、グループリーダー、職人などといった、責任ある重要な地位にいる方が多い傾向にあるのも特徴です。

考えてみれば、それもそのはずです。

責任がのしかかる仕事の場合は、自分の感情を押し殺して物事を進めざるをえないからです。たとえ理不尽な状況だったとしても、自分の感情をあらわにして行動することは出来ません。

そういった自分自身の感情と向き合わなくなる習慣が、ストレスという感覚を麻痺させてしまっている可能性があるのです。自己の成長材料となるものを、いつの間にか避ける習慣が出来てしまっていることがあるのです。

私達は、生きている限り必ずストレスを受けて成長していることを忘れないでください。そして、身体に害を与えているストレスというのは、あなたのまだ気づいていない部分に隠れているのかも?と見つめ直す努力をしましょう。

この無意識のストレスによる身体的反射を克服することが、体の中から本当の治癒への近道になるのかもしれません。


最後に質問です。

あなたは最近、怒ったことがあるでしょうか?

そういえば怒りの感情を感じることが少なくなったなぁ、なんて言う人は注意信号かも知れません。


今回のポイント

  • ポイント1

    運動や好きなことをしても、本当の意味でストレス発散にはならない。また、ストレスは生きていく上で、無くてはならない欠かせないものである。
  • ポイント2

    ストレスはその存在と向き合い、抱える感情の整理が為されたとき、自己の成長と共に次のステップへと推し進めるエネルギーに変換される。


耳鳴り改善の読む薬。続きは以下で


サイト管理人耳鳴りやすらぐ

耳鳴りやすらぐ読む薬-改善Web講座を運営しております山下です。

このサイトは15年以上にわたり、耳鳴りの原因とその解決方法を追求してきた管理人オリジナルの情報サイトです。

1万名以上の耳鳴りに悩むクライアントを通じて、解明されてきたポイントをありのままお伝えしています。


耳鳴り症状 音と種類/耳鳴りの原因/耳鳴りの治療、治療法/頭鳴り・脳鳴り/耳詰まり・耳がこもる/聴覚過敏/自律神経失調症/自声強聴/頭内爆発音症候群/突発性難聴/メニエール病/耳鼻科・耳鼻咽喉科/うつ病・鬱/耳鳴りの薬、付き合い方/ステロイド 耳鳴り治療/睡眠薬・睡眠導入剤/肩こり・肩凝り/不眠・不眠症/小耳症/視床と耳鳴り/暗示型の難聴/補聴器難聴/交通事故・むち打ち/男性更年期障害/顎関節症/アゴのゆがみ/専門家コラム/芸能人ニュース/耳鳴り専門/体験談・感想/HPリンク/小顔矯正/整体・うつ病/堺市 整体 /守山市の整体/耳鳴りアンケート


各地の耳鳴り専門院

兵庫・神戸

愛知・名古屋

沖縄・那覇

東京・国分寺