本文へスキップ

自己暗示による難聴の落とし穴

提供:アステル心身調律院

不安が生み出す難聴者のレッテル考察

はてなブックマークに追加 Clip to Evernote 

定期的な聴力検査や治療の落とし穴

耳鳴り専門

通常、難聴と言えば「聞こえが悪い」状態をさすと思いますよね。

しかし、現代医学はそうは問屋が卸しません。

※ 聞こえの取り戻し方・耳鳴りの消し方(限定)


少し言い方は野蛮ですが、「基準」を掲げることによって、その基準外の人を非健常者と見なすことで自分たちのメシの種にしていることがあります。

ここ、とくに重要な点ですが、聞こえが悪いという自覚が無くても、聴力検査上、基準値よりも下回るときに「聴力が悪い・落ちている」というレッテルを貼り付け、定期的な検査に来させるように仕向けることがよくあります。

定期的な検査や通気治療(耳管に空気を通す療法)をおこなって、いったい何の役に立つのでしょうか。

どうしてこういう疑問を投げかけるのかというと、難聴や聴力回復においての現代医学の治療法というものは何も確立していません。

急性的に極端な聴力低下を示す突発性難聴においても、一般的にステロイド治療を実施されることが多いですが、それでもまだ根拠不明な状態でおこなわれている状況です。

何一つ明確な治療法が無い中で、聴力の低下を指摘したところで、いったいどんなケアが出来るというのでしょうか。

【ちょっとお知らせ】
耳鳴り・難聴でお悩みの方に、
以下のレポートは、病院の薬物治療が合う人には
効果はありません。

しかし、耳鼻科でも改善しない人には、
きっと役立つことと思います。

自然療法でスッキリ耳を通したい方に、
すぐに活用できる方法を、PDFファイルで
お届けしています。
無料メール講座ですので、
お気軽にご活用下さい
以下のフォームより、5分ほどで
お届けいたしております。

お名前(仮名可)


メールアドレス




効果が不明でも通院を継続させる矛盾


ここで、実施される治療法と聴力検査の矛盾点を示しておきたいと思います。

まず、自覚症状にも満たない数値上の聴力低下における治療として、通気療法やビタミン剤の投与があります。

通気療法は、機械的に耳管に空気を通し、耳管を広げ、詰まりを一時的に緩和させることが目的です。

ただ、その耳管の状態と聴力の関係はまだ何もわかっていません。ですから、通気治療をしたところで、聴力が回復するといったものはハッキリしないために、何度も何度も通い続けることになります。

今の栄養過多だと言われる現代社会で、いったいどれだけの人が栄養失調に陥っているのでしょうか。そんなにも部分的に偏った栄養を補う必要があるのでしょうか。


治癒力を高めて、根本から聞こえを取り戻し、耳鳴りを克服する方法

定期検査が自らを暗示にかける!?


そして、とくに問題なのは、定期的な検査を実施することによって、自らを「私は聴力が悪い」と自己暗示にかけに行っていることにお気づきでしょうか。

日常生活にはほとんど支障なく過ごせていても、検査の数値上、「悪い・落ちている」と指摘されることで、人は不安を抱き、その状態に囚われるようになります。

すると、定期的に検査に行くことによって、常に自分の状態を確認し、安心したくて仕方が無くなります。

しかし、ここが落とし穴で、自分の中のある特定の箇所を「悪い」と認識してしまうと、意識的・無意識的は関係なく、本能的にそこの状態に注意を払い続けるようになります。

それが耳であれば、知らず知らずの間に耳に注意が払われていて、それが日々の生活の中で、何十時間・何百時間とそのものに緊張を走らせることになるのです。

その緊張感が積もり積もることによって、何かしらのキッカケを得たとき、そこに強い症状として立ち現れやすくなるというわけです。

その状態になって、心は「やっぱり私の耳は元々良くなかったからなぁ」と納得することになります。

これ、実は耳が悪いからこうなったわけではなく、もともと自分自身でせっせと症状の根となる種をまき、なんにも自覚症状が無くても不安を煽られたことによって自らでその場所を耕し、日々の無用な治療や検査によってそこから何かが起こるように仕向けているのだとしたら如何でしょうか。


人の意見に振り回されないために


人は不安や恐怖を掴むことによって行為行動を起こしてしまうことがよくあります。

しかし、救世主のような顔をして不安を煽り、実は人々をどんどん利欲システムの一部にさせようとするサービスがごまんとあります。

私たちは出来るだけ自分自身の感覚を大切にし、無用な不安や恐怖を掴まされないように自信を持つ生活を心がけることが求められているような気がします。

自宅で難聴・耳鳴りを根本から解消する方法
大阪で唯一の耳鳴り専門院


関連記事





そんなに効果が出るとは思っていなかったのですが、
以下の「耳鳴りやすらぐメール講座」は、

・読んでいるだけで耳鳴りが落ち着いた
・長年の耳の詰まりが通った
・聴覚過敏が和らいだ


といった、嬉しいお便りを本当に沢山頂いております。

なぜ、そのような不思議な現象が起こるのかというと、
ここでお届けする内容は、日常の慌ただしさの中、私たちが忘れかけていた
本当に大切な「気づき」について、お伝えしているからなのかもしれません。

いや、それが効果の本当の理由かは、わかりません。

ですが、確かに皆さん、このメールを読むだけで
なんだか心がホッと癒され、肩の力が抜け、前向きに生きる勇気が
出てきたと言って下さるんです。

そして、それと共に、本当に耳が楽になっていく。

メールをお届けしている私自身、本当にビックリしているくらいなんです。

あなたも、もし耳のトラブルでお悩みで、
どこに相談しても解決の糸口が見つからなくて、困っているならば、
ぜひ一度、以下のメール講座を利用してみて下さい。

ご利用は無料です。

メールを読んでいて、あまり役立たないと思われたら、
いつでも配信を停止していただくこともできますのでご安心下さい。

当サイトにある沢山の喜びのお便りと同じように、
あなたもきっと、治癒への可能性を掴んでいただけるはずです。

以下のフォームにお名前とメールアドレスをご入力して頂くだけで、
5分ほどでお届けいたしております。

【読者様のご感想】
「山下先生のアドバイスがなかったら本当に難病になるところでした。希望だけでも持ち続けられる気力が出てきました。」和田様

「読むことでなんだか安心するのですかね、耳の状態がすごくいいのです。不思議です。読むお薬と題してありましたがそのとおりだとおもいます。」桑原様

「説明にあったようにアルファ波が出ているのか、久しぶりに朝までグッスリ眠る事が出来ました」森様

お名前(仮名可)


メールアドレス


サイト運営:耳鳴り専門院(アステル心身調律院)
所在:大阪市淀川区十三東1−18−28−2F

【プライバシーポリシー】
当サイトではご利用者様のプライバシーを第一に考え運営しております。登録時に取得される個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しています。当該個人情報は法律的に必要が生じた場合を除き第三者に開示・提供する事はありません。

自宅で難聴・耳鳴りを根本から解消する方法

管理者画像

耳鳴りやすらぐ読む薬-改善Web講座を運営しております山下です。

耳鳴りの原因と治療を考えるサイト概要


このサイトは12年にわたり、耳鳴りの原因とその解決方法を追求してきた管理人オリジナルの情報サイトです。

1万名以上の耳鳴りに悩むクライアントを通じて、解明されてきたポイントをありのままお伝えしています。


耳鳴りの原因
視床と耳鳴り
耳鳴りの治療、治療法
耳鳴り症状 音と種類
メニエール病
暗示型の難聴
補聴器難聴
頭鳴り・脳鳴り
耳詰まり・耳がこもる
聴覚過敏
交通事故・むち打ち
頭内爆発音症候群
突発性難聴
耳鼻科・耳鼻咽喉科
うつ病・鬱
耳鳴りの薬、付き合い方
ステロイド 耳鳴り治療
睡眠薬・睡眠導入剤
肩こり・肩凝り
不眠・不眠症
男性更年期障害
顎関節症
アゴのゆがみ
風邪とインフルエンザ予防
睡眠時無呼吸は耳鼻科
気になるニュース。コラム
耳鳴り専門
体験談・感想
パサパサ髪 糖化 小顔矯正
整体・うつ病 堺市 整体
ヘッドスパ 小顔矯正 縮毛矯正
フェイシャルエステ 守山市の整体
TweetsWind