本文へスキップ

暗示型の難聴 - 耳鳴りやすらぐ改善講座

症状の原因と治療を考察する

心身調律グループ

自己暗示による難聴の落とし穴難聴者のレッテルとは?


耳鳴り耳鳴り原因耳鳴り治療耳がこもる聴覚過敏頭鳴り

定期的な聴力検査や治療の落とし穴


通常、難聴と言えば「聞こえが悪い」状態をさすと思いますよね。

しかし、現代医学はそうは問屋が卸しません。

※ 聞こえの取り戻し方・耳鳴りの消し方(限定)


少し言い方は野蛮ですが、「基準」を掲げることによって、その基準外の人を非健常者と見なすことで自分たちのメシの種にしていることがあります。

ここ、とくに重要な点ですが、聞こえが悪いという自覚が無くても、聴力検査上、基準値よりも下回るときに「聴力が悪い・落ちている」というレッテルを貼り付け、定期的な検査に来させるように仕向けることがよくあります。

定期的な検査や通気治療(耳管に空気を通す療法)をおこなって、いったい何の役に立つのでしょうか。

どうしてこういう疑問を投げかけるのかというと、難聴や聴力回復においての現代医学の治療法というものは何も確立していません。

急性的に極端な聴力低下を示す突発性難聴においても、一般的にステロイド治療を実施されることが多いですが、それでもまだ根拠不明な状態でおこなわれている状況です。

何一つ明確な治療法が無い中で、聴力の低下を指摘したところで、いったいどんなケアが出来るというのでしょうか。


効果が不明でも通院を継続させる矛盾


ここで、実施される治療法と聴力検査の矛盾点を示しておきたいと思います。

まず、自覚症状にも満たない数値上の聴力低下における治療として、通気療法やビタミン剤の投与があります。

通気療法は、機械的に耳管に空気を通し、耳管を広げ、詰まりを一時的に緩和させることが目的です。

ただ、その耳管の状態と聴力の関係はまだ何もわかっていません。ですから、通気治療をしたところで、聴力が回復するといったものはハッキリしないために、何度も何度も通い続けることになります。

今の栄養過多だと言われる現代社会で、いったいどれだけの人が栄養失調に陥っているのでしょうか。そんなにも部分的に偏った栄養を補う必要があるのでしょうか。


治癒力を高めて、根本から聞こえを取り戻し、耳鳴りを克服する方法

定期検査が自らを暗示にかける!?


そして、とくに問題なのは、定期的な検査を実施することによって、自らを「私は聴力が悪い」と自己暗示にかけに行っていることにお気づきでしょうか。

日常生活にはほとんど支障なく過ごせていても、検査の数値上、「悪い・落ちている」と指摘されることで、人は不安を抱き、その状態に囚われるようになります。

すると、定期的に検査に行くことによって、常に自分の状態を確認し、安心したくて仕方が無くなります。

しかし、ここが落とし穴で、自分の中のある特定の箇所を「悪い」と認識してしまうと、意識的・無意識的は関係なく、本能的にそこの状態に注意を払い続けるようになります。

それが耳であれば、知らず知らずの間に耳に注意が払われていて、それが日々の生活の中で、何十時間・何百時間とそのものに緊張を走らせることになるのです。

その緊張感が積もり積もることによって、何かしらのキッカケを得たとき、そこに強い症状として立ち現れやすくなるというわけです。

その状態になって、心は「やっぱり私の耳は元々良くなかったからなぁ」と納得することになります。

これ、実は耳が悪いからこうなったわけではなく、もともと自分自身でせっせと症状の根となる種をまき、なんにも自覚症状が無くても不安を煽られたことによって自らでその場所を耕し、日々の無用な治療や検査によってそこから何かが起こるように仕向けているのだとしたら如何でしょうか。


人の意見に振り回されないために


人は不安や恐怖を掴むことによって行為行動を起こしてしまうことがよくあります。

しかし、救世主のような顔をして不安を煽り、実は人々をどんどん利欲システムの一部にさせようとするサービスがごまんとあります。

私たちは出来るだけ自分自身の感覚を大切にし、無用な不安や恐怖を掴まされないように自信を持つ生活を心がけることが求められているような気がします。



必見!
>>【神戸の】耳鳴り解消サロンはこちら

>>【名古屋の】耳鳴り解消サロンはこちら

>>【東京の】耳鳴り解消サロンはこちら

>>【沖縄の】耳鳴り解消サロンはこちら


耳鳴り改善【読む薬】


サイト管理人耳鳴りやすらぐ

耳鳴りやすらぐ読む薬-改善Web講座を運営しております山下です。

このサイトは15年以上にわたり、耳鳴りの原因とその解決方法を追求してきた管理人オリジナルの情報サイトです。

1万名以上の耳鳴りに悩むクライアントを通じて、解明されてきたポイントをありのままお伝えしています。運営企業


耳鳴り症状 音と種類/耳鳴りの原因/耳鳴りの治療、治療法/頭鳴り・脳鳴り/耳詰まり・耳がこもる/聴覚過敏/自律神経失調症/自声強聴/頭内爆発音症候群/突発性難聴/メニエール病/耳鼻科・耳鼻咽喉科/うつ病・鬱/耳管開放症/耳鳴りの薬、付き合い方/ステロイド 耳鳴り治療/睡眠薬・睡眠導入剤/肩こり・肩凝り/不眠・不眠症/小耳症/視床と耳鳴り/暗示型の難聴/補聴器難聴/交通事故・むち打ち/男性更年期障害/顎関節症/アゴのゆがみ/専門家コラム/芸能人ニュース/耳鳴り専門/体験談・感想/HPリンク/小顔矯正/整体・うつ病/堺市 整体 /守山市の整体/耳鳴りアンケート


耳鳴り外来・診療
上本町わたなべクリニック
〒543-0037
大阪市天王寺区上之宮町1-15
医師:渡邊章範
日本医師会認定産業医
日本医師会認定健康スポーツ医
学校医

耳鼻科・耳鼻咽喉科の耳鳴り外来
山川耳鼻咽喉科医院
〒107-0061
東京都港区北青山2-7-21 青山アイアイビル3F
医師:山川卓也
日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
日本気管食道学会認定医
日本耳鼻咽喉科学会代議員

高度管理医療機器販売
株式会社ラルゴコーポレーション
〒561-0853
大阪府豊中市服部南町1丁目7番20号
高度管理医療器等販売業・賃貸業
許可番号:4705号
医療機器修理業
許可番号:27BS200128


各地の耳鳴り専門院

兵庫・神戸

愛知・名古屋

沖縄・那覇

東京・国分寺