これだけは押さえておきたい耳鳴りの治し方

耳鳴り専門

耳鳴りが起こる原因には、ストレス、加齢、病気など様々あります。同時に突発性難聴メニエール病、頭痛などが起こり辛い思いをします。治し方は症状にあった方法で行います。

治療法の種類は食事療法、漢方薬やサプリメント、ツボ押しなどがあります。

一番は生活習慣を改善することが耳鳴りを治す近道です。睡眠を十分取り、血行促進につながる食品を取り、入浴で身も心もリラックスして副交感神経が活発になり、血液循環が良くなるので耳鳴りに効果的です。

一番手っ取り早く行えるのは食事療法です。
血行促進効果がある黒豆にはリノール酸とたくさんのミネラル類が豊富に含まれています。

その他にも、血液の流れを良くする牡蠣、しじみ、イワシ、レバーなどにはビタミンBが豊富に含まれていて、リンパの流れを良くするには、大根、玉ねぎ、人参などがあります。

これらの食材をバランス良く摂取すると予防につながります。肝臓機能を高めるレンコンやゴボウにも耳鳴りを治す効果があります。老化防止に効果的なセサミンも耳鳴り効果的なのでゴマを摂取すると効果があります。

耳鳴りの薬の種類

耳鳴りは、音が鳴っていないにも関わらず音が聞こえる病気で、かつては特に治療法がなくそのうち治るのを待つしかないと言われることがあったそうです。

しかし現在では耳鳴りへの対処法としては様々な種類が挙げられ、突発性の難聴においてはステロイド系の薬の摂取や高気圧酸素療法などが効果があるとされています。

一方で慢性化した耳鳴には、漢方薬の服用や局所麻酔薬の注射などが行われますが、確実に耳鳴りを消すことは難しいです。基本的に耳鳴り等の難聴は自律神経の乱れから生じることが多く、生活習慣等を変えていくことが必要です。

規則正しい生活を心がけ、ストレスを溜めず、たばこなどを控えることが重要です。耳の中の血行を改善する薬もあるので、気になる方は一度試してみることをお勧めします。

その病気。耳管開放症かもしれない!?

エレベーターに乗ると耳がキーンとしたり、耳に水が入っているように感じたり、耳が詰まったような感じ力で自分の声が大きく聞こえるなどの症状がある場合、聴覚過敏や耳管開放症である可能性もあるのです。

耳管開放症の原因は、耳の一番置くにある耳管が開いたままの状態になることです。耳管開放症では大きな耳垢がとれることが多いのですが、大きな耳垢が耳の中で炎症を起こし、その炎症が悪化して耳から脳へ炎症がうつって重大な状態になることもあるのです。

通常耳管は閉じた状態なのですが、耳管開放症の原因となる耳管が開いた状態になるのは、ダイエットのしすぎ、生活習慣の乱れ、ストレス、妊娠などが要因として考えられます。

治療法は、基本的には自然治癒で治しますが、症状が悪化した場合には手術で耳管を閉じることもあります。自然治癒するためには水分を多くとったり、耳の周りをマッサージして血行を促進させると自然治癒を早めることがあります。

また寝る時は横向きになることも有効です。

注意する行為は鼻をすすることです。耳管開放症になった状態で鼻をすすると鼓膜にくぼみができて耳垢がたまり炎症を起こしやすくなるので注意します。



必読!
慢性的な耳鳴りでお悩みの方は、根本的に解決する方法をご活用下さい
>> 詳しくはこちらのページをご覧下さい
大阪で唯一の耳鳴り・耳詰まり専門院

他にも、今すぐ取り組める対処法は以下がオススメです。



耳鳴りがスッキリ解消

症例1症例2

5分でできる耳鳴り対策

すぐに読むことが出来ます

※配信解除フォームはこちらにあります
耳鳴りやすらぐメール講座

お名前(仮名可)


メールアドレス


サイト運営:耳鳴り専門院(アステル心身調律院)
所在:大阪市淀川区十三東1−18−28−2F


【プライバシーポリシー】
当サイトではご利用者様のプライバシーを第一に考え運営しております。登録時に取得される個人情報は、厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しています。当該個人情報は法律的に必要が生じた場合を除き第三者に開示・提供する事はありません。