本文へスキップ

耳鳴り重症患者は背部注意ネットワークの活性化?米イリノイ大学研究チームによる発表

症状の原因と治療を考察する

心身調律グループ

耳鳴りニュース最新情報

耳鳴り耳鳴り原因耳鳴り治療耳がこもる聴覚過敏頭鳴り


耳鳴り重症患者は背部注意ネットワークの活性化?米イリノイ大学研究チームによる発表

2017年10月12日の耳鳴りニュースを受けての考察

参照元記事
「耳鳴りはなぜ起きるのか イリノリ大で原因に迫る手がかり」
http://www.agingstyle.com/2017/10/12002240.html

耳鳴りは未だ原因不明という現代医学の見解は明らかです。
今なお、発症メカニズムの解明に頑張っているとのこと。

こういう記事を見るたびの思うのですが、耳鳴りだけじゃなく、腰痛など体の痛みに対しても同じような医学的見解があり、スタンスとしては同じですよね。音か痛みかだけの違いであって。

研究者はメカニズムを知りたいだけで、治療者(医師)はメカニズムよりも治したい。

だけど、研究の上に乗っかっちゃってるから、解明されるまでは手出しが出来ない。と思い込んでいるのかも。

そしてそこにはいつも、患者さん本人の存在は無かったりします。病気・病状だけが壇上に上げられて議論されている感じでしょうか。

耳鳴りのメカニズム解明は研究者に任せて、
それよりも、私たち自身、患者さん自身で出来ること、改善すべき課題は沢山あるのではないでしょうか。

例えば、寝る間も惜しんで仕事に明け暮れていたら、耳も鳴り出しますよね。

例えば、毎日ストレスだらけの日常で、心が疲弊しているならば、耳も悲鳴を上げて当然ですよね。

例えば、時間に追われるばかりで、常にセカセカ、汗汗、落ち着き無く焦りの日々を過ごしているならば、聴神経も興奮して耳鳴りが起こってもおかしくないですよね?

自分自身で出来ること、改善すべき課題というのは、
こうした日常を振り返る行為でもあります。

走りながら息切れだけ落ち着かせることは出来ないように、
日常で頑張り過ぎて体に負担をかけているならば、治療治療と、治療に走る前に、根本的に立ち止まるかペースをゆるめるかして、体が落ち着ける「間」を作ることが筋が通った話ではないでしょうか。

それをしないで、自分自身のペースはそのままに、耳鳴りという症状だけを落ち着かせようと無理強いするのは、何か間違っているような気はしないでしょうか。

その大切な部分から目をそらして、耳鳴りは原因不明だから治しようが無いと結論づけるのは、あまりにも悲しいことではないでしょうか。

そんな大切なことに気づいて頂けることが出来れば、もっと多くの耳鳴り患者さんは救われるのではないかと思います。


東京、神戸、名古屋、沖縄で
耳鳴り専門療法が受けられます!

  

  



関連記事

耳鳴りとは
【耳鳴り】11種類の音と8タイプの症状
耳鳴りの原因
耳鳴りの原因、ホントのところ。
耳閉感
耳が詰まった感じ・耳がこもる治し方
音過敏
聴覚過敏の原因と治療、症状克服のポイント


耳鳴り改善【読む薬】


サイト管理人耳鳴りやすらぐ

耳鳴りやすらぐ読む薬-改善Web講座を運営しております山下です。

このサイトは15年以上にわたり、耳鳴りの原因とその解決方法を追求してきた管理人オリジナルの情報サイトです。

1万名以上の耳鳴りに悩むクライアントを通じて、解明されてきたポイントをありのままお伝えしています。


耳鳴り症状 音と種類/耳鳴りの原因/耳鳴りの治療、治療法/頭鳴り・脳鳴り/耳詰まり・耳がこもる/聴覚過敏/自律神経失調症/自声強聴/頭内爆発音症候群/突発性難聴/メニエール病/耳鼻科・耳鼻咽喉科/うつ病・鬱/耳鳴りの薬、付き合い方/ステロイド 耳鳴り治療/睡眠薬・睡眠導入剤/肩こり・肩凝り/不眠・不眠症/小耳症/視床と耳鳴り/暗示型の難聴/補聴器難聴/交通事故・むち打ち/男性更年期障害/顎関節症/アゴのゆがみ/専門家コラム/芸能人ニュース/耳鳴り専門/体験談・感想/HPリンク/小顔矯正/整体・うつ病/堺市 整体 /守山市の整体/耳鳴りアンケート


各地の耳鳴り専門院